宇宙の果てから、長い時間、人間を見守ってきた星々。

パワーとメッセージを送り続けている星座は、本当の姿を映し出す鏡でもあります。

12星座別に、あなたが「本当に望んでいること」を占いました。

【前編】に引き続き、後編はてんびん座(9/23~10/23)〜うお座(2/19~3/20)のご紹介です。

自分でも気がつかない願いが見つかるかもしれません。

【後編】女性の星座で占う!心の中に潜む「願望」とは…?

てんびん座(9/23~10/23)

【損得なく行動したい】

てんびん座は星の性格上、なんでも天秤にかけてしまう傾向があります。

そのため、自身の感情を押し殺したり、人の気持ちを見て見ぬふりをしたりすることも……。

本当の望みは、「見返りのない優しさを身につけ、損得のない行動を実践すること」かもしれません。

誰かに無条件に優しくする、そんな人を目指したいのかも。

さそり座(10/24~11/21)

【豊かな生活】

愛に生きるさそり座ですが、本当の望みは「金銭的・物質的に豊かな生活を送ること」です。

愛は代えがたいもので、決して軽視できません。

でも、金銭的に余裕がなければ幸福感を味わえないことも理解しているのが、さそり座です。

ロマンチストでありながら、現実的な一面も持ち合わせているでしょう。

いて座(11/22~12/21)

【尊敬されたい】

いて座は、向上心の塊で、負けず嫌いな傾向にあります。

まだ、気付いていないスキルや才能があると、感じているかもしれませんね。

「みんながあっと驚くことを成し遂げた上で、多くの人を支えられる人間になりたい。そして尊敬されたい」というのが、本当の望みでしょう。

周囲からの称賛があってはじめて、成功したと思えるはず。

やぎ座(12/22~1/19)

【自由奔放な人生】

「短いこの人生を、心ゆくまで楽しみたい!」というのが、やぎ座の本当の望み。

とにかく本能に任せて、やりたいと思うことに挑戦したいと思っています。

マジメな気質が邪魔をするのですが、本当は自由奔放に飛び回ってみたいのかも。

一歩踏み出せば変われるはず、という期待もあるでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

【トコトン勉強したい】

なにごともソツなくこなし、考えることが好きな、みずがめ座。

しかし、本人としてはまだまだ勉強が足りないと感じているよう。

「視野の広さと豊富な知識を身につけ、いろいろな世界についてトコトン勉強したい」のです。

ひと通り勉強したら、自分の興味のあることを更に深堀りするでしょう。

うお座(2/19~3/20)

【多くの人との交流】

うお座は人懐っこい性格で、知り合いも多い傾向にありです。

しかし、実は内弁慶なところが……。

いつも同じ人とつるみがちなのです。

本当の望みは、「人見知りせずに、多くの人との交流を楽しむこと」。

積極的に、友人知人の数を増やしていきたいと思っているでしょう。

もう一度向き合ってみよう

もともとの性格や、今の環境に邪魔されて、本当の望みが遠くなってしまっている人も多いのではないでしょうか?

この占いを参考に、ご自身が目指したいものや望んでいるものを、再確認してみてくださいね。

もしかしたら、新たな長所や短所などが見つかるかもしれませんよ。

(明石実夕/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)