自分から別れを告げたにもかかわらず、時間が経ってから改めて「彼が大事な存在」だったと気づくことってありませんか?

そんなとき、「今更なんて言えばいいの?」「都合良すぎるよね?」なんて頭がグルグルしてしまうでしょう。

そこで今回は、自分から振った元カレと「復縁する」ための方法をご紹介します。

私から振ったけど…元カレと「復縁する」ための方法3つ

傷つく覚悟を持つ

まず、復縁を切り出したことであなたが傷つく場合はあります。

たとえば、彼のなかで振られたときの屈辱感や怒りが治まっていないとき。

あなたの話を聞いてくれなかったり、会ってもらえなかったり、ひどい言葉を言われるかもしれません。

もし、彼に彼女や好きな人がいる場合、あなたのことは眼中にもないでしょう。

復縁をするなら、悲しい思いをするかもしれない、傷つくかもしれないと覚悟しておいてください。

焦らない

焦らないことが大事です。簡単に復縁ができるとは思わないほうが良いでしょう。

もちろん場合によっては、「やり直したい」の一言だけですぐに復縁できることもあるかもしれません。

ですが、あなたは彼を傷つけてしまったわけですから、関係を修復するには時間がかかると思ったほうが◎。

なかには「復縁の話自体はうれしいけど、簡単にOKしてしまうのはプライドが許さない」という男性もいます。

焦って結果を求めないよう注意してくださいね。

嘘をつかない

彼と別れてからほかの男性と付き合った場合、嘘はつかないようにしましょう。

言わなきゃバレない、できる限り隠しておきたい、と思う部分かもしれませんが事実は正直に話すべきです。

ここで話さないと言い出すきっかけを逃し、復縁できてもうそをつき続けなければなりません。

また、なかには「ほかの男に振られたから戻ってきたのではないか」と疑う男性もいます。

彼に気持ちを伝えるときは、今の自分にとってどれだけ彼が大切な存在なのかをしっかりと言葉にしましょう。

まずは自分の気持ちを整理して

自分から振ったとしても、彼のことを思い出したり、ほかの誰かと付き合ってから後悔したりすることもあると思います。

でも、復縁したいと思っても、すぐに行動を起こすのは控えましょう。

自分の気持ちと向き合い、リスクも想定しておくことが大事です。

その上で、やっぱりやり直したいと思うのなら、彼に正直な気持ちを伝えてみましょう。

友達からはじめる気持ちで頑張ってくださいね。

(斎藤奈々子/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)