気になる男性と仲良くなろうとして「仲いい友達」に落ち着いたり、そもそも友達であるのかすら不安になったりすることもあるかもしれません。

恋人以上の関係になるにはどうすればいいのでしょうか。

今回は、「友達止まり」にならないための秘訣をご紹介します。

距離感って難しい!「友達止まり」にならないための秘訣って?

「友達」とは言わない

気になる人の前では、自分から「友達」とは言わないようにするのがいいでしょう。

「マジいい友達だわ」や「○○くんみたいな友達がいてよかった」などと、無意識に言っている人もいるかも。

自ら「友達」ということで、彼のなかでも「友達なんだ」という印象が強まることも。

2人の間の大きな壁になる可能性がありますよ。

ほどよい距離感を保つ

好きな人と仲良くなろうとしすぎて、グイグイ距離を縮めていくのは危険なことも。

友達としての関係が確立されていくと、だんだん「失いたくない親友」のようなポジションになりがちに。

少しずつ距離を縮めつつも、ほどよい距離感を保つことをいしきしましょう。

「なんか気になる」存在になれれば、恋人以上も夢ではないかもしれませんよ。

特別感を与える

友達から恋愛に発展するには、お互いに「ほかの友達とは違う」と意識することが大切です。

そのためには、「あなただけに言うね」や「あなただからだよ」など、特別感を与える言葉を伝えるといいでしょう。

自分のことを特別に思ってくれる相手には、同じく特別な感情を抱きやすいもの。

相談に乗ってもらうときやお土産を渡すときなどに一工夫してみてくださいね。

2人きりの時間を作る

友達同士だと思っていても、2人きりの時間を楽しむと異性として意識していた……なんてこともあるようです。

ただの友達の状態から抜け出すためには、意図的に2人の時間を作ってみるといいでしょう。

2人で遊べる関係なら、そこでのアプローチ次第で恋愛関係になれることも。

まずはそこを目指してみるのもいいかもしれませんね。

友達止まりにならないために

気になる男性と距離を縮めようとしたのに、友達止まりになるのはもったいないかもしれません。

異性として意識させられれば、そこからは一気に進展することも。

焦らず少しずつ距離を縮めていってみてくださいね。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)