脈なしの女性を前にしても、男性は脈ありっぽい言葉を口にすることがあります。

それは、その場の空気を壊さないように、とりあえず言っているだけかもしれません。

ただはじめからその気がないなら、早めに見抜いておきたいですよね。

そこで今回は、男性の「脈なしセリフ」を4つご紹介します。

社交辞令かも…男性の「完全脈なしセリフ」4つ

「こっちから連絡するね」

「こっちから連絡するね」というセリフは、関係のフェードアウトの第一歩です。

一度このように言っておけば、相手からの連絡をやんわりと断っていることになります。

そして男性側からの連絡を断てば、関係は自然消滅していくでしょう。

ですから、相手をデートに誘ったとき「予定が分かったら、俺から連絡するね」なんて返信が来て、しばらく返信がないなら危険サインです。

本当にデートに行きたいのなら、先延ばしにはしないはず。

多くの男性にとって、スムーズに距離を取る「リスク回避」の戦略なのかもしれません。

「みんなで飲みに行こうよ」

多くの男性は、仲を深めたいと考える女性に対しては「2人きり」で会おうとする傾向があります。

それにも関わらず、「みんなで飲みに行こうよ」とか「お互いの友達誘って飲もうよ」と提案してくるのは、脈なしサインでしょう。

場の流れで、とりあえず誘っておくか……というケースもあるかもしれません。

とくに2人きりのデートのあとや、合コン後に言われた場合は、脈なしの可能性大です。

「また今度会おうね」

「また今度会おうね」

男性の「また今度ね」は「もう二度とない」と考えたほうがいいでしょう。

本当に、もう一度会おうとしている男性は、「また今度」という言葉だけでは終わらないはず。

たとえば「また○○日に会おうよ」とか「明日連絡する」と、具体的な日時を指定して連絡するでしょう。

具体的な約束を保留にしたまま「また今度」と発言するのは、「もう会いたくない」と言うと角が立つからかもしれません。

この状態で相手の連絡を待っていると、「また今度と言われたのに、連絡が来ない」と待ちぼうけを食らってしまうかも……。

「最近なにしてるの?」

元カノや、イイ感じの女性にこのように送ってくる男性は、都合のいい関係にしようと企んでいる可能性があります。

とくに週末や夜に送られてくる場合は、かなり危険です。

気軽なメッセージで会話を再開して、本気ではないデートに誘おうとしているのかも……。

気になる男性や、まだ好意が残っている元カレから言われたら心が動くかもしれませんが、誘いには乗らないほうがいいでしょう。

脈ありっぽい言葉にも…

気になる男性から言われたら「脈ありかも!」とテンションの上がるセリフもあったかもしれません。

ただ男性からすると、「じつは脈なし」というケースも多いもの。

とくに今回ご紹介したようなセリフを聞いたら、冷静なジャッジも大事かもしれません。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)