何気ない一瞬の言動から、恋に落ちる男性は多いようです。

つまり一瞬「キュン」としてもらえれば、恋のチャンスを広げることができるのです。

そこで今回は、男心をくすぐる「妙にかわいい」女性の言動を4つご紹介します。

男心をくすぐる!「妙にかわいい」女性の言動4つ

謝罪よりも感謝の言葉を選ぶ

気になる男性になにかしてもらったとき、思わず「すみません」と謝ってしまう女性は多いもの。

ただ、このときはできるだけ「ありがとう」と感謝の言葉を選んだほうが◎。

なぜなら感謝してもらったほうが、「手を貸してよかった」と満足感があるためです。

落し物を拾ってもらったとき、荷物を持ってもらったとき、予定を合わせてくれたとき……こんなときは、あえて「ありがとう」と感謝を伝えてみましょう。

「○○くんだけ」発言

恋愛対象として意識していなくても、その女性にとって「自分は特別な存在」と感じた瞬間にグッとくる男性は多いようです。

たとえば「こんなことを話すのは○○さんだけ」とか、「○○さんに頼みたいの」とか。

他の誰でもない「あなただから」という箇所を強調することで、特別感を抱かれやすくなります。

自分だけに話してくれたと分かれば、頼られた気分になって嬉しい男性も多いでしょう。

自分への好意を感じる

多くの男性は、自分への好意が見える女性に対し、特別な気持ちを抱きやすくなるようです。

たしかに、あからさまな好き好き攻撃は、やりすぎ感が出てしまうかもしれません。

ただ「会えて嬉しい」「○○さんと一緒にいると、楽しいです」という素直な気持ちを口にするのはアリ。

何気なく言った一言だとしても、グッとくる男性が多いようです。

「好き」とストレートに伝えられない女性も、相手への好意が伝わるポジティブな気持ちなら、どんどん口にしていくのがオススメです。

ヤキモチをやく

嫉妬と聞くと、あまりいいイメージを持てない女性も多いかもしれません。

ただ小さな嫉妬は、恋を進展させるために効果的なこともあるのです。

たとえば気になる男性が、特定の女性とばかり話していたとします。

そんなときは「○○ちゃんばっかりでイヤ~!」「ヤキモチやいちゃうからね~」と素直な気持ちを伝えてOK。

冗談っぽく笑いながら言えば、男性も重く受け取らずに済むでしょう。

またヤキモチを小出しにして伝えることで、女性側もモヤモヤした気持ちを溜めこまずに済むはずです。

過去のヤキモチを持ち出さないよう気をつけつつ、サラッとヤキモチを見せてみましょう。

素直な気持ちを言葉にしてみて

好きな男性を前にすると、嫌われないようにと自分の気持ちを封印する女性もいるかもしれません。

ただそれ、むしろ素直に見せてみることで恋が前へ進む可能性があります。

小さな嫉妬や一緒にいて楽しい気持ちなどは、積極的に言葉にしていきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)