好きな人と楽しいLINEのやり取りを続けていると、終わらせるのがもったいないように感じることも。

しかし相手が終わらせたがっているのに無視して続けるのは、嫌われる原因になるかもしれません。

今回は、男性が見せる「LINEを終わらせたい」サインをご紹介します。

見逃し注意!男性が見せる「LINEを終わらせたい」サインは…

スタンプを送る

やり取りのなかに、スタンプの頻度が増えたときにはLINEの切り上げどきかもしれません。

スタンプが送られてきているのに無視して会話を続けようとするのはNG。

相手からスタンプが送られてきたときにはそこでやり取りを終わりにしたり、スタンプで返したりしてみましょう。

深追いしすぎないのがポイントです。

メッセージが短く単調になる

今までのやり取りと比べて、メッセージが短く単調になってきたときには、一度終わらせるのもいいでしょう。

「うん」や「わかった」などのメッセージに対し、しつこく話題を振るのはやめたほうがいいかも。

キリがいいところで「また連絡するね」と送ったり、スタンプを送ったりすると、あっさりした印象を与えられるはず。

「また」という言葉があれば、お互いに次も連絡しやすくなる効果もありそうですね。

質問しない

男性からの質問がなくなり、自分が一方的に話題を広げているようになったときはLINEを終わらせるべきタイミングかも。

それまでのやり取りが盛り上がっていたときには名残惜しさを感じそうですが、無理は禁物。

お互いに少し名残惜しさのあるくらいが「またLINEしたい」や「もっと仲良くなりたい」という思いにつながるはず。

男性のなかには頻繁なLINEのやり取りに抵抗がある人も。

彼のペースに合わせるよう、意識しましょう。

すぐに既読をつけない

それまでのやり取りと比べてすぐ既読にならなかったり、返信が遅くなってきたりしたらLINEの切り上げどきかもしれません。

仕事が忙しかったり、ほかのことに集中したりしている可能性も。

そんなときに「返信まだ?」や「おーーい」などと催促するのはNG!

気長に返信を待ち、自分からはそれ以上送信しないようにしましょう。

一度切り上げるのも気遣い!

好きな人とのLINEは、できることならずっと続けていたいものでしょう。

しかし相手が終わらせたがっているのに無理やり続けると、「面倒くさい人」と思われることも。

自分の気持ちだけでなく、相手のことまで考え、配慮するよう心がけてみてはいかがでしょうか。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)