女性がおしゃれのつもりで身に着けているものでも、男性からすると「理解できない」と思うこともあるのだとか。

デートで気合いを入れたのに逆効果……なんてこともあるかもしれません。

今回は、男性ウケが悪いおしゃれをご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

モテたいならNG!男性ウケが悪い「おしゃれ」って…?

ボリューム感あるファッション

パフスリーブやティアードなどのボリューム感あるファッションの人気は、それほど高くないようです。

ほかにもオーバーサイズのカジュアルなアイテムも、メリハリがなく魅力に欠けるのだとか。

身体のラインに合わせたタイトなものを選んだり、オーバーサイズの服を着るときにはどこかをすっきりさせるといいかも。

全体にメリハリをつけ、思わず目を引くようなおしゃれを楽しみましょう!

ハーフっぽカラコン

カラコンは、今やおしゃれの定番アイテムになりつつあります。

ナチュラルなものなら気にならないという男性が多いですが、派手なものには抵抗があるという人も。

ハーフっぽく見える色素の薄いものやカラーが入ったものを使うときは要注意です。

露出が多いファッション

ボリューム感あるファッションもウケが悪いようですが、かといって露出すればいいのかというと、そういうわけではないようです。

肩や胸元、お腹や脚などが極端に露出されているのを見ると、品がない印象を抱くのだとか。

「目のやり場に困る」や「軽い女性に見える」という男性の意見も。

肌見せはほどほどに、おしゃれを楽しむのがいいかもしれませんね。

男性ウケを狙うなら!

おしゃれを楽しむのはいいことですが、男性ウケを意識したいのなら、モテるおしゃれを意識することも大切です。

個性が強すぎるファッションだと、近寄り難さを感じる男性も。

自分がしたいおしゃれを楽しみながら、モテにも近付けていけるといいですね。

(白藤 やよ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)