脈ありっぽいのに、なかなか告白してくれない……。

そんな男性といると、もどかしくてたまらないですよね。

彼らは、なにを迷っているのでしょうか?

今回は、「告白に踏み切れない」男性心理を4パターンご紹介します。

脈ありっぽいのに…「告白に踏み切れない」男性心理とは?

いまの関係が心地よい

いまの友達同士のような関係を維持したい!と考えている男性は、あえて告白をしないままにしている場合があります。

やはり告白して恋人同士になると、気楽な関係ではなくなり、多かれ少なかれ相手に責任を負うことになりますよね。

その覚悟が足りないために、あえて関係を放置しているのです。

また女性側の好意に気付き「いつでも付き合える」と油断している場合もあるみたい。

女性もこの関係をキープしたいならいいのですが、曖昧な関係を脱したい場合は、あえて突き放した態度を取ったほうがいいでしょう。

いまは恋人を作る気がない

たとえば彼女と別れた直後だったり、仕事が忙しすぎたり。

そんなときは恋愛モードになれず、告白に踏み切れないことがあるみたい。

そのような男性は、「告白して付き合う」ということ行為を重く捉えていることが多いです。

ここで無理に「私が癒やすから」とか「あなたの邪魔はしないから」と迫るのは逆効果かもしれません。

できれば少し時間をおいて、様子を見てからのほうがいいでしょう。

失敗が怖い

失敗が怖い

とくに恋愛経験が少ない男性や、過去に告白失敗した経験のある男性は、なかなか告白に対し前向きになれないことがあります。

告白そのものがトラウマになっているケースもあるでしょう。

そんな場合は、そのまま待っていても告白してもらえない可能性が高いです。

女性側からも分かりやすく好意を示すなどして、「告白してくれたら、断らないよ」というメッセージを伝えていく必要があるでしょう。

告白されたい派

男性のなかには、付き合ってから優位に立つために、女性からの告白をじっと待っている人もいます。

「先に惚れたほうが負け」と考えているのでしょう。

ちょっぴり打算的な彼ですが、「どうしてもこの女性を手に入れたい」と思えば考えが変わるかもしれません。

相手にとってかけがえのない存在になれるよう、いろいろ手を回すのもアリでしょう。

告白OKの雰囲気を出してみて

告白するのは、男女関わらずハードルが高いもの。

ですから、相手が告白に踏み切ってくれないときは「告白したら受け入れるよオーラ」を出すのが大事です。

たとえば「付き合ったら上手くいきそう」「○○くんが彼氏だったらな」と口にしてみる。

または観覧車や夜景など、ムードのある場所に何度も誘ってみるなど。

それでも駄目なら、女性側から告白するのもアリです。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)