特別に好意を示した覚えはないのに、なぜか興味のない男性が近寄ってくるなんて経験はありませんか?

女性がなにげなく送っているLINEで勘違いする男性も多いものです。

そこで今回は、男性が勘違いする「女性からのLINE」をご紹介します。

俺のこと好きなの?男性が勘違いする「女性からのLINE」3選

返信が早い

男性からのLINEに即レスをしていると、好意があると勘違いされる可能性が高いです。

男性は基本的に、好きな人だけにこまめにLINEをする傾向があります。

そのため、あなたからの返事が早いと「こんなに返事が早いってことは……俺のこと好きなの?」と思ってしまうよう。

ただ暇なだけなのに勘違いされたらつらいですね。

興味がない男性には、ほどよい頻度で返信するのがいいかもしれません。

社交辞令な言葉

社交辞令で「今度ごはん行きましょう!」と軽いノリで言う女性もいるでしょう。

もしも女性との会話に慣れていない男性が聞いたら、「もしかしてデートに誘われた?」と感じてしまうかもしれません。

男性のなかには、少ない望みでもその可能性に賭けて行動するタイプがいます。

だからこそ、社交辞令を本気で捉えてしまい、しつこく「この日はどう?ここは空いてる?」なんて連絡をする男性も……。

好きじゃない男性に軽いことは言わないほうがいいでしょう。

かわいいスタンプを使う

昔から「メッセージのやり取りで、ハートを使うと勘違いされやすい」と、言われていますよね。

ハートマークは、愛情や好意を示しますから、気にせず使っていると男性もその気になってしまうものなんです。

しかし、男性によってはかわいいスタンプを送るだけで「俺に気があるのか?」と勘違いしてしまうのだとか……。

「わざわざかわいいスタンプを使ってくる=好意の表れ」と思っているそうです。

興味のない男性と連絡をするときは、スタンプなんか使わず、淡々と質素な文面を送るのがいいでしょう。

勘違いさせないために

厚意は思いやり、好意は愛情です。この区別を苦手とする男性は、多いもの。

勘違いさせないふるまいを意識するのは大事ですね。

自分の身を守るためにも、相手を期待させる態度は取らないようにしましょう。

(松本ミゾレ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)