お互いの気持ちが分かっていても、相手からの愛情表現は嬉しいのではないでしょうか?

女性と同様に、男性も彼女からの愛情表現は嬉しいようです。

今回は、彼女からされて嬉しい「愛情表現」を、男性の声を交えてご紹介します。

彼氏に気持ちを伝えたい方や、気になる彼との距離を縮めたい方、必見です!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

長続きするカップルの定番!彼をドキッとさせる愛情表現って?

毎朝LINEがくる

「付き合って長いけど欠かさず『おはよー』とLINEをくれるのが嬉しいです。

お互い忙しくてなかなか会えないときは『会いたいな』『好き』とかストレートに伝えてくれるので、朝からニヤニヤしちゃいますね。」(32歳男性/銀行員)

毎日の挨拶LINEは、長く付き合っていても嬉しいという声が聞かれました。

また、毎日送るものだからこそ、ちょっとした変化にドキッとするようです。

たまにはプラスαで気持ちを伝えてみたり写真を送ってみたりしてもいいかもしれませんね。

ストレートに気持ちを表現する

「彼女は言葉で『大好きだよー』とか『愛してる』って伝えてきてくれる。記念日には、メッセージカードで『これからもよろしくね!大好きだよ!』と書いてくれて、なんだかほっとします。

自分も言葉で伝えるように心がけてます」(26歳男性/看護師)

お付き合いが長くなると、あえて言葉にしない人もいるかもしれませんね。

しかし、言わなくても伝わる、というスタンスは、相手を不安にさせているかも。

「大好き」を言葉にするのが、恥ずかしい方もいるでしょう。

まずは、手紙やLINEなどに、一言添えてみては……?

自然と、2人とも気持ちを言葉にできるかもしれませんよ!

突然ハグされる

「おうちデートをしてたら、年下の彼女が突然ハグをしてきてくれた。かわいすぎ!」(28歳男性/営業)

人前で、スキンシップをするのは恥ずかしい人もいるかも。

でも、2人きりになったときは、遠慮しないで!

外での顔とは違った一面を見せて、彼をドキッとさせましょう。

自分から手を繋いでくる

「仕事ができるクールな彼女なんですが、外でデートしたとき、手を繋いできてくれるのがすごく嬉しい。かわいいなって思います。」(26歳男性/事務)

家の中だけでなく、外でのスキンシップも嬉しいと感じるみたい。

彼が手を繋いでくるのを待つだけでなく、自分から行動すると、更に効果的かも。

恥ずかしいという方は、まずは家でのスキンシップから始めてみて。

そうすれば、自然と外でも距離を縮められるはず。

さりげないペアルック

「誕生日に彼女がお揃いのスニーカーをプレゼントしてくれました。

パッと見ですぐ分かるようなペアルックはちょっと抵抗あるけど、同じスニーカーの色違いを履くとか、じつはペアっていうオシャレな感じがいい。」(20歳男性/学生)

ペアルックは定番ではありますが、なんだか抵抗感があるという方もいるのでは?

また、指輪やネックレスといったアクセサリーも、敷居が高く感じる人もいるようです。

そんなカップルには、さりげなく取り入れられるようなアイテムがオススメ。

さりげないペアルックは、2人だけが知っている秘密のようで素敵ですよね。

アクセサリーや時計も、メンズとレディースでデザインが違うものは、取り入れやすいかも。

彼にぴったりな愛情表現って?

今回は、とくに多く見られた意見をご紹介しました。

彼が喜ぶ愛情表現は、他にもたくさんあるでしょう。

その共通点は、彼への好意がしっかりとこもっていること。

彼の様子を見ながら、少しずつ試してみてくださいね♡

そうすれば、交際期間が長くなっても、ラブラブなカップルでいられるはず。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)