気になる彼から、返信が来なくなった……。

そうなった原因は、どこにあるのでしょうか?

今回は、好きな人へ送る「LINEの注意事項」を3つご紹介します。

これらに留意して、恋のチャンスを確実にしていきましょう。

恋を遠ざける…好きな人へ送る「LINEの注意事項」3つ

ひたすら「待ち」の姿勢を貫くのはNG

とくに奥手な女性は、たとえLINEが交換できても、なかなか自分からメッセージを送れない人も多いでしょう。

ただこのように、ひたすら「待ち」の姿勢を貫くのはオススメしません。

気になる男性ができるって、とても素敵なことです。

でもその人の周りに、いつ魅力的な女性がやってくるか分かりません。

LINEを知っている時点で一歩リードしていますから、できるだけ自分からも積極的に関わってみましょう。

「楽しもう」と思って接するのが、肩の力が抜けてオススメですよ。

ネガティブな内容を避ける

出会って間もないうちから、愚痴や自分を卑下するようなネガティブな内容ばかり送信するのはNG。

もちろん相手との関係性が築けているのであれば、相談ごととして多少の人生相談をするのはアリでしょう。

ただ関係が浅いうちは「めんどくさい」「重い」というネガティブな印象を持たれがちです。

とくにLINEを交換して間もない頃は、ヘビーな内容よりも、無難で明るい印象の話題を持ち出したほうがベターでしょう。

相手のことばかり質問しない

相手のことばかり質問しない

本気で結婚相手や恋人を探している女性ほど、相手の「条件」を聞き出そうとする傾向があります。

たとえば友人関係や職場、実家のことや金銭感覚などなど。

こういった質問を繰り返すと相手の条件にばかり目が行き、無意識に他の男性と比較してしまうでしょう。

自分に合った人を見つけるためにも大事なことではありますが、気づいたら条件のハードルが上がって恋を逃してしまうこともあります。

できるだけ相手の内面や長所に目を向け、また自分のことも開示していきましょう。

「話しやすい」と思ってもらおう!

せっかく気になる男性とLINEを交換しても、待っているだけじゃ関係は進展しないはず。

まずは積極的にポジティブな内容を送信して「話しやすい」という印象を抱いてもらいましょう。

そうすれば、気になる男性からのLINEも増えるかもしれません♡

(柚木深つばさ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)