恋人との関係が安定してくると、どうしてもマンネリ化してしまいがち。

でもどうしたらマンネリを回避し、ずっとラブラブでいられるのでしょうか?

今回は、2人の関係を「いつまでも新鮮に保つ」コツを3つご紹介します。

ずっと仲良し!2人の関係を「いつまでも新鮮に保つ」コツ3つ

たまに贅沢デートをする

とくにマンネリを感じやすいタイミングの一つは、デートのときです。

それを避け新鮮さを保つには、たまに贅沢デートをするのがオススメ。

たとえばちょっと豪華なディナーを食べに行ったり、高価なホテルに泊まってみたり。

それは、なんでもない日でもいいですし、記念日や誕生日など特別な日でもいいでしょう。

こういった予定があると、テンションが上がりますし、相手のためにオシャレをしようという気にもなるでしょう。

このドキドキ感が、付き合いたての新鮮な気持ちを呼び起こしてくれるのです。

もし金銭的に難しい場合は、まずは2人で貯金をするなどしてワクワク感を高めておくのもアリですよ。

距離感のメリハリをつける

恋人が「なにもしなくても側にいてくれる」というのは、安心感があるものです。

ただその感覚になれると、どうしてもマンネリ化しがち。

それを防ぐためには、距離感のメリハリをつけるのがポイントです。

たとえば「彼のことが大好きモード」のときと、「安心して放置するモード」を切り替えるなど。

こうやって「もしかしたら俺に冷めた?」と不安にさせる時期も、新鮮さをキープするには大事なことなのです。

きっと不安から、彼女のために全力で尽くそうとしてくれるかもしれません。

近すぎず遠すぎず、適切な距離を見極めてくださいね。

自分磨きに手を抜かない

新鮮さがなくなる原因の一つは、お互いが見た目に気を配らなくなることです。

事情があって、たまに手を抜くくらいは仕方ないでしょう。

ただそれが毎回となると、冷め切った熟年夫婦のような関係になってしまいがち。

2人の関係を新鮮に保つには、お互いに自分磨きに手を抜かないことが大事。

それは外見だけでなく、内面も同様です。

興味のあることを学んだり新しいことを体験したりして、常にアップデートをするようにしましょう。

お互いにそれができれば、何度でも惚れ直すことができるはずです。

「なにもしない」とマンネリ直行かも

付き合いはじめたときの気持ちを維持するのは、なかなか難しいものです。

ですから「なにもしない」と、マンネリ期に直行!……なんてことも多いもの。

できれば今回ご紹介した内容をもとに、ちょっとした工夫をして、付き合ったときの気持ちを忘れずに向き合っていきましょう。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)