浮気性な県

なぜか、いつも気づいたら浮気されて振られる……。

そんな女性には、どんな特徴があるのでしょうか。

今回は、「浮気サレ女」の共通点を4つご紹介します。

意識的にこれらを避けることで、パートナーの浮気を回避できるかもしれません。

なんでいつも…「浮気サレ女」の共通点4つ

1人で生きていけそう

束縛されすぎても窮屈ですが、放置されすぎても愛情を感じられず不満……というのが男心。

たとえば、彼女からの連絡頻度が控えめすぎたり、長期間会わなくても平気そうだったり。

もしこれが「本当は寂しいけど、彼に言えない」だけだとしても、多くの男性は「俺がいなくても平気なのでは?」と誤解しがちです。

お互いに忙しくて会えない場合も、連絡はこまめに取るようにしましょう。

怒らない・なんでも許しちゃう

恋人のことが好きすぎて、強く意見できない女性っていますよね。

ただそのやさしい気質が、彼の浮気を助長してしまうことがあるようです。

なぜなら「浮気がバレても許してくれるだろう」「バレても別れると言わないだろう」と彼が油断するため。

この展開を避けるためには、許せないことにはきちんと叱る、自分の意見はきちんと伝えるというキッパリした態度が必要です。

そうでないと恋人というよりも、都合のいい女として見られてしまうかもしれません。

徐々に「恥じらい」が欠ける

徐々に「恥じらい」が欠ける

恋人との関係が安定してくると、気を許しすぎてつい恥じらいに欠ける言動をとってしまいがち。

たとえば記念日デートにすっぴんで来たり、風呂あがりに服を着ずに部屋をうろついたり……。

これが繰り返されることで、だんだん彼女を異性として見られなくなる男性も多いようです。

そうなると、異性を感じられる「他の女性」を求め始める原因になるケースもあるのでしょう。

彼のすべてを把握しようとする

彼のことが好きすぎるあまり、行動をすべて把握しようとする女性もいるでしょう。

そこで彼の予定をアレコレ詮索すると、男性は窮屈な印象を持ちがちです。

そうなると、他の女性に癒やしを求めてしまうことも……。

彼の予定を細かく聞き出したり、常にSNSをチェックしたりしている場合は、控えたほうがいいかもしれません。

浮気されない女性に

今回ご紹介したような言動を避ければ、浮気サレ率をグッと下げることができるはず。

もしかしたら……と、自分ごととして言動を見直してみるのがオススメです。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)