気付いたら、いつも「2番目の女」になっている……。

そんな女性には、とある共通点があるようです。

今回は、そんな「セカンド扱い」されがちな女性の特徴をご紹介します。

いつも2番目…「セカンド扱い」されがちな女性とは?

ほぼすべての誘いに乗る

好きな男性からデートに誘われたら、できるだけ行きたいと思うでしょう。

ただ、どんな状況でも呼び出されたらすぐに飛んで行くと、その男性にとって「都合のいい女」になってしまうかもしれません。

なぜなら「俺の言うことを、なんでも聞いてもらえる」と誤解されるため。

無理なときは無理と断って、なんでもかんでも相手の思い通りにならないぞ!というスタンスが大事です。

彼を放置しすぎる

束縛が激しめな女性は、男性から煙たがられることも多いです。

ただ、だからといって放置しすぎるのも考えもの。

なぜなら「浮気しても気にしないだろう」「バレないだろう」と油断するためです。

ですから恋人同士になったら、多少の詮索や干渉をするのは大事。

やりすぎない程度に、執着を見せていきましょう。

彼にベタ惚れすぎる

彼にベタ惚れすぎる

大好きな人に「好き好きアピール」をするのはいいのですが、やりすぎると彼の心に隙を生んでしまいがち。

「なにをしても俺にベタ惚れだろう」という油断から、気づいたら優先度が下がってしまうことがあるのです。

さり気なく好意を見せるのも大事ですが、適度に「追いかけられる恋」をしたほうが、セカンドになりにくいでしょう。

尽くしすぎる

尽くす女性は、確かに多くの男性を掴みます。

ただそれも度が過ぎると鬱陶しい印象になったり、彼の気を大きくさせたりする原因になりがち。

「俺のためなら、この子はなんでもするだろう」と、彼を調子に乗らせるかもしれません。

大好きな彼のためになんでもしたくなるのは分かりますが、「ここぞ」というときだけ尽くすほうが、彼にとって手放せない存在になるでしょう。

嫌われる勇気も大事

彼のことが大好きなあまり「嫌われたくない」という気持ちが膨らんでしまう女性がいます。

今回ご紹介した言動を取る女性の多くは、その傾向が見られます。

ただその健気な気持ちが、逆に彼の浮気を助長してしまうこともあるようです。

少しずつ「嫌われる勇気」を身に着けながら、セカンドを抜け出しましょう。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)