最初は好きで付き合っていたはずなのに、次第に「付き合わなきゃよかった……」と思うほど面倒な存在になることも。

そんな男性かどうかは、付き合う前の段階で見極めておきたいですよね。

今回は、付き合うと後悔する「ダメ男」の特徴をご紹介します。

冷静に見極めよう!付き合うと後悔する「ダメ男」の特徴

批判ばかり

会話でいつも「でも」や「だけど」を使う男性には要注意です。

このタイプの男性とは、話していても疲れを感じてくるでしょう。

なにを言っても批判しか返してこなかったり、人の意見を聞き入れなかったり……。

批判するのではなく、お互いの考えや意見を受け入れられる人を見つけましょう。

いい格好しい

頑張り屋の男性に惹かれる女性も多いのではないでしょうか。

しかし、人前でしか頑張れない男性は危険かもしれません。

「人が見ているから」「いい格好したいから」が原動力になっている場合、さほど重要でないと判断した場面では手を抜きがちに。

彼女に対しても、「自分から離れていかないだろう」と思うと、愛情表現をおこたるようになることも。

目立たずともひたむきに頑張る男性なら、どんなときでも誠意をもって向き合ってくれるはずですよ。

子どもっぽすぎる

外ではしっかり振る舞っている分、心を許した友人や彼女の前では子どもっぽくなる男性もいるでしょう。

多少ならかわいく思えますが、度が過ぎた子どもっぽさはダメ男のサインかもしれません。

極端にだらしなかったり、自己中心的だったり……。

最初はかわいく思えることでも、付き合っていくうちに「なんでちゃんとできないの?」とイライラしてしまうかも。

子どもっぽいところはないか、節度をもっているかまで注目しましょう。

「好き」に惑わされないで

「好き」という気持ちになると、相手を全肯定してしまうことも。

そんなときこそ、冷静になって見極めることが大切です。

付き合う前の判断が、この先の幸せにつながっているのかもしれませんよ。

焦らず慎重に進めていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)