一途に誰かを想えるのは素敵ですが、度を超すと「重い」と思われがち。

ただ具体的には、どんな言動が重いと思われるのでしょうか。

今回は、男性が「重いと感じる」彼女の言動をご紹介します。

温度差を感じる…男性が「重いと感じる」彼女の言動とは?

連絡やデートをしたい頻度が合わない

連絡やデートの頻度は、恋人の温度差が表れやすいポイントの一つ。

たとえば彼女が、彼と毎日でも連絡をしたい・デートをしたい派だった場合。

もし彼も同じなら、問題ないでしょう。

ただもし彼が、もっと頻度を低くしたい場合はウンザリしているかもしれません。

ここで大事なのは、お互いが少しずつ無理をすることです。

話し合いにより、お互いの望む頻度を尊重し合い、ちょうどいい落としどころを見つけるのがオススメです。

彼との予定を最優先する

彼との予定を最優先する

付き合う前や、付き合いたての頃は、お互いにラブラブ状態。

友達付き合いや仕事よりも、恋人と会う予定を優先していたかもしれません。

ただ付き合いが安定しくると、どうしても恋人の優先度は下がってしまいがち。

それは嫌いになったとは限らず、彼にとって大事な他の用事の順位が、もとの順位に戻りつつあるだけでしょう。

その一方で、彼女が変わらず「彼氏が最優先」だと、どうしても温度差が生まれてしまいます。

変わらぬ愛を向け続けるのはいいですが、同時に適度な距離を保ったほうが、関係の維持には有効かもしれません。

温度差を減らしてもっと仲良く♡

彼の様子がそっけないと、嫌われたのではと考えアレコレ対策を取る女性もいるでしょう。

ただそのための行動のなかには、温度差を広げてしまうものもあります。

そもそも彼がそっけないのは、2人の間に確固たる絆が形成できた証拠かもしれません。

(柚木深つばさ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)