男性のなかには、身体目的で近付いてくる人も。

まるで本気で思っているかのような甘い言葉をささやきながらタイミングを狙っているのだとか……。

今回は、そんな遊び人が使う言葉をご紹介します。

だまされないためにも、チェックしてみてくださいね。

甘い言葉にだまされないで!遊び人がよく使うフレーズは…

「彼女にしたいって思ってる」

「『彼女にしたいって思ってるんだよ』って言うと、めっちゃ信用されます。もう付き合っている気分になって、身体を許してくれる子が多いですね」(30歳男性/不動産)

「付き合おう」や「彼女になって」ではなく、「彼女にしたいと思っている」とだけ伝えるところが巧妙ですね。

気になる男性にこう言われると、まるでもう彼女かのように錯覚してしまうそうです。

しかしそれを見据えたうえで近付いているのだとか。

きちんと「付き合う」という話になるまでは、身体を許さないようにしましょう。

「こんな気持ちになったの初めてだよ」

「好きだと思うからそう言うというよりも、好きになってもらいたいから言うって感じですかね。好きになってくれたら、身体も許してくれるでしょ」(27歳男性/メーカー)

女性をその気にさせれば身体の関係にまで持ち込めると思っているようです。

いくら言葉巧みにアプローチされても、だまされないようにしましょう。

「うち泊まる?」

「終電超えるまで飲んで、『うちすぐそこだし泊る?』って聞きます。最初は渋られますけど、『こんな酔ってるんだからなんもないでしょ』って言うとだいたい持ち帰れますね。

自分の家の近くで飲むのも、このためって感じです」(29歳男性/IT)

もう帰る手段がなく、近くに相手の家がある、そしてなにもしない……と言われるとついて行ってしまいそうになることも。

しかしそれも、彼らにとっては想定内なようです。

「もっと話したい」や「もっと一緒にいたい」と言い、なんとかお泊りさせようとすることもあるのだとか。

付き合うまでは簡単に家に上がらないようにしましょう。

冷静さを忘れずに

甘い言葉で近付いてくるからといって、必ずしも本気で付き合う気があるわけではないようです。

きちんと見極めるほかにも、簡単に誘いに乗らないことが大切。

舞い上がらず、冷静に判断できるようにしましょう。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)