付き合う前のデートは、わくわくする一方で緊張してしまうこともあるでしょう。

ただ初デート、または出会ってすぐの頃のデートは、印象を大きく左右します。

また印象は、今後の恋の展開にも大きな影響を与えるはず。

そこで今回は、初デートで「好印象をのこす」コツを3つご紹介します♡

これだけ押さえて!初デートで「好印象をのこす」コツ3つ

服装は王道デート服でOK

「待ち合わせ場所に、白のニットとラインがキレイなスカートで現れた彼女。
その服が僕の好みドンピシャで!始めっからテンションが上がりましたね。
誰が見てもキレイな服だったから、一緒に並んで歩いているのが誇らしかったです」(27歳男性/SE)

「初デートのとき、かなり派手な色のワンピースを着てきて……。
当時の流行だったのかもしれないけど、パッと目に入った瞬間は『おお、派手……』とびっくりしちゃいましたね」(33歳男性/医師)

服装は、第一印象を決める大切な要素。

とくに初デートのときは、相手の好みのファッションが分からないことも多いので、王道デート服を選ぶのが無難でしょう。

流行りを取り入れるのもいいですが、気合いが入りすぎて「やりすぎファッション」にならないように要注意です。

笑顔を見せる

「好きな子とデートするとき、待ち合わせ場所で僕を見つけた彼女がニコって笑ったんです。
その瞬間、もうハートを持ってかれましたね」(26歳男性/アパレル)

「話してるときに笑顔を見せてくれてると『楽しい』が伝わってきて安心します。
もっと話したいなって気持ちにもなりますね」(30歳男性/保険営業)

デート中は、笑顔が大事です。

とくに待ち合わせの場面や、会話のときは、笑顔が相手の印象に残りやすいもの。

相手に「あなたの過ごす時間が楽しい」と伝わりますので、緊張していても表情だけは柔らかくしておくのがオススメです。

すると自然と会話が盛り上がって、心からの笑顔も見せられるかもしれません。

デートの感想を伝える

「デート終わりに『今日は楽しかったね~!』って言ってもらえると、かなり嬉しいです。
『じゃあ次はどこ行く?』って俺から言いたくなりますね」(28歳男性/公務員)

帰り際は、デートのポジティブな感想を彼に伝えるのも大事です。

もちろん後でLINEで伝えるのもいいですが、やはり直接のほうが効果的。

伝えてくれた際の表情まで、一緒に思い出せますからね。

デートを楽しく終わらせるためにも、帰り際まで気を抜かないようにしましょう。

雰囲気が印象を底上げする♡

初デートは、今後の恋の展開を左右する大事な舞台です。

ここで気になる彼に好印象を残すには、やはり手を尽くす必要があります。

今回ご紹介したことを頭の片隅に置いて、デートをもっと充実させましょう♡

(メロン/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)