気になる彼の態度がそっけないと、「嫌われたのでは?」と不安になりますよね。

でも、案外そうとも限らないようです。

今回は、急に塩対応になる「男性の本音」をご紹介します。

最近そっけない…急に塩対応になる「男性の本音」とは?

好き避けしている

「大学時代、一目惚れした子をずっと好き避けしている時期がありました。
好きって気持ちを自覚してからは、緊張して目も合わせられなくて。

卒業間近で告白したら、『え?ずっと嫌われてると思ってた』って驚かれて。
結局、失恋に終わりました……」(24歳男性/研究職)

はじめは普通に会話できていたのに、ある日突然目も合わない、話してもそっけない……。

こうなると、「もしや嫌われた?」と不安になるでしょう。

でもじつは、好きだからこそ緊張してぎこちない態度を取っているだけかもしれません。

気を引きたい

「猛アプローチのうえ好きな子に告白したら『友達としてしか見られない』って言われて……。

その日から、その子に気にしてもらおうと思ってわざと避けるようにしました。
『好きって言ってたのに、なんなの?』って僕のことを考えてほしいなって」(26歳男性/販売)

好きな女性を前にして、あえて突き放すことで「自分のことを考えてほしい」と考える男性もいるようです。

追われる恋がしたい男性も、このような行動を取る傾向があります。

距離を置きたい

「会社の先輩から、猛アプローチを受けていた時期があったんです。
何度も飲みに誘われたりして困ってたけど、上司だから強く断れなくて……。

恋バナを『そういうの苦手で』って交わし続けてたら、最近やっと諦めてくれたみたいです」(25歳男性/企画)

この男性は「上司だから」と無下にできず、曖昧な態度を取るしかなかったようです。

ただ押しても引いても相手に響かないようなら、早めに手を引くのが大事。

そのほうが、きっとお互いのためでしょう。

気になる彼の本性を見極めて!

今回ご紹介したポイントは、短時間では判断できないものも多いです。

ですから、じっくりと相手の気持ちを見極める必要があります。

結果によっては、意外な道が開けるかもしれませんよ。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)