わかっているようで、じつは一番理解できていないのが自分のこと。

そこで今回は、遠い昔から私たちを見守ってくれている星の導く占星術で、あなたの性格や恋愛傾向を占います。

意外な自分に気づくきっかけになるかもしれません。

さっそくチェックしてみましょう!

星座で占う!あなたの性格と恋愛傾向は…?

おひつじ座(3/21~4/19)

【リーダー気質で恋もまっしぐら!】

明るくサバサバしたおひつじ座の女性。

周囲から頼りにされるリーダー気質でしょう。

恋愛傾向は良くも悪くもまっすぐ。

好きになったらわき目もふらず、アタックするでしょう。

おうし座(4/20~5/20)

【穏やかなキャラで恋には慎重】

おうし座の女性は、穏やかでおっとりした性格。

いつもニコニコしていて優しいため、誰からも好かれるタイプでしょう。

恋愛傾向は慎重で受け身。

「この人なら信頼できる!」と思えたとき、スイッチがオンに。

ふたご座(5/21~6/21)

【楽しい性格で駆け引きが大好き】

ふたご座の女性は、頭の回転が速くて、ユーモアのある人。

好奇心旺盛で、いろいろなことに興味を持つタイプです。

恋はゲーム感覚でしょう。

駆け引きや会話のキャッチボールが大好きみたい。

かに座(6/22~7/2)

【シャイながら愛情豊か】

愛情深い性格のかに座。

人見知りをしやすいため、会社や学校では大人しくしていることも多いかもしれません。

恋をすると世話焼き精神に火がつき、お母さんのようにせっせと尽くすでしょう。

しし座(7/23~8/22)

【人を喜ばせることが好きなロマンチスト】

女王キャラといわれるしし座は、じつはエンターテイナー気質。

みんなを楽しませ、喜ばせることが大好きみたい。

恋はロマンチスト。

ドラマティックな展開に憧れるヒロインタイプといえそう。

おとめ座(8/23~9/22)

【しっかり者だけれど恋は夢見がち】

几帳面で細かいことによく気がつく、おとめ座。

控えめなキャラながら、実務能力が高くてしっかりした性格です。

恋には盲目。

いくつになっても、白馬に乗った王子様が迎えに来てくれるのを待っているような夢見がちな面がありそうです。

てんびん座(9/23~10/23)

【社交的で迫られると弱いタイプ】

社交的で誰とでもうまくやれるタイプといえば、てんびん座。

優しくてNOと言えないようなところがあるみたい。

恋愛傾向も優柔不断な傾向がありそうです。

強引な男性に弱く、グイグイ迫られると好きになりがちかも。

さそり座(10/24~11/21)

【好きなことや相手に情熱を捧げる】

自分なりのこだわりやポリシーが強いさそり座。

マニアックといわれることが多いのも、そんな性格のせいかも。

恋も一途。

この人と思ったら他の異性は目に入らず、まっすぐ激しく愛し続けそう。

いて座(11/22~12/21)

【ポジティブで積極的】

いて座の女性は、ポジティブな自由人。

型にはめられるのは苦手で、自分らしくのびのびと生きたいタイプでしょう。

恋はハンター気質。

気がある相手には、自ら積極的に攻め込んでいくでしょう。

やぎ座(12/22~1/18)

【落ち着いた大人】

やぎ座は、自分の軸を持ったタイプ。

いつも落ち着いていて、周りから厚い信頼を寄せられることが多いはず。

恋は石橋を叩いて渡りがち。

簡単に人を好きにならないし、たとえ恋をしてもじっくり相手や状況を観察しながら動く傾向がありそうです。

みずがめ座(1/20~2/20)

【行動、恋愛傾向とも一風変わったタイプ】

発想、行動ともユニークなみずがめ座。

やることなすこと変わっていて、個性的。

また、恋も個性的。

周囲から「なんであの人を?」と驚かれるような相手を好きになることもありそうです。

うお座(2/19~3/20)

【共感力が高くて恋愛依存の傾向あり】

うお座の女性は、共感力のカタマリ。

悲しみや苦しみなど、周りの気持ちを一瞬でキャッチして、寄り添える才能が。

恋は依存体質。

好きな人にドップリとハマり、四六時中一緒にいないと気が済まないかも。

自分を知るのが幸せの一歩

自分がどんな性格で、どんな恋をするタイプなのか。

わかっていれば、これから訪れる未来や出会いにも上手に対応できます。

自分を知ることはつまり、幸せへの第一歩でもあるのです。

今回の記事を参考にして、改めて自分について考えてみてくださいね。

(涼月くじら/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)