いくら彼氏のことを好きでも、尽くしまくるのはあまりよくないです。

「なんでも言うことを聞いてくれる女」と認識されたら、都合よく扱われる可能性もあります。

お付き合いするなら、対等な関係でいたいですよね。

そこで今回は、「都合のいい女」になってしまう4つの原因をご紹介します。

尽くしすぎはNG!「都合のいい女」になってしまう4つの原因って?

愛情表現になっている

好きな男性の言うことには従うのが当然で、それが愛情だと思ってしまうのは、危険です。

彼氏の言いなりになったり、好き放題やられてしまう典型かもしれません。

「彼氏を喜ばせたい」と考えるのは素晴らしいことですが、すべてに従って尽くしてしまうのはNGです。

お互いの考えをぶつけ合いながらも、思いやり尊重し合える関係性が築けたら、手放せない存在にもなるはずですよ。

必要とされたいと思う

男性に尽くしすぎる女性は、尽くすことで自分の存在価値を感じるという人が多いです。

「彼氏に必要とされている」と実感できるからこそ、尽くしすぎてしまうのでしょう。

でも、そんな考え方はやめたほうがいいかも。

彼は尽くしてくれるから付き合っているわけではなく、あなたのことが好きだから付き合っているはずです。

自分に自信を持ちましょう。

嫌われたくない

大好きな彼氏に対して、「嫌われたくない」という思うのは当然のことです。

ただあまりにもその思いが強くなりすぎると、「嫌われないようにしよう」という考えに支配されてしまいます。

彼氏に不満があっても何も言えなくなり、すべて従ってしまうでしょう。

自分の意見や主張がほとんどない彼女に興味を持たなくなる男性も多いので、捨てられてしまう可能性もあります。

彼氏だけだと思い込んでいる

「私にはこの人しかいない」なんて思える男性に会えるのは幸せなことです。

ところが、「この人と別れたら終わりだ」といった、マイナスな思い込みになってしまうのはよくないでしょう。

「捨てられたくない」という気持ちから、気がつくと彼氏の言いなり状態になってしまうもの。

大事な人であるからといって、そこに必死にしがみつくと、彼氏からしても重荷になるかもしれません。

ぞんざいな扱いをされる可能性もあるので、注意してくださいね。

対等に付き合おう

長続きするカップルでいるためには、対等なお付き合いをすることが何よりも重要です。

彼氏との間に上下関係のようなものができてしまったら、大事にされなくなる危険性もありますよ。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)