付き合う前は仕事に一生懸命な姿に惹かれたはずなのに、いざ付き合うと放置されがちでしょんぼり……なんて経験はありませんか?

なかなか会えなかったり、連絡がこなかったり寂しい思いをすることもあるでしょう。

今回は、そんな忙しい彼氏との付き合い方をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

会えない、連絡少ない、寂しい…忙しい彼氏との付き合い方

急ぎの用事は追撃LINE

一般的に「追撃LINEはNG!」と言われていますが、忙しい彼になら話は別なのだとか。

LINEの優先度が低い男性でも、返さなくても見ていることが多いようです。

暇つぶしのLINEならともかく、急ぎの用事や報告の場合はガンガン追撃LINEをしましょう。

気付いたときには返信してくれるはずです。

返しはしなくても、彼女からのLINEが途切れることに寂しさを覚える男性が多いようですよ。

どんなときも明るく接する

彼氏が忙しいときには、会えずに不安や不満が募り、皮肉や嫌味を言いたくなることもあるかもしれません。

しかしそれをそのまま伝えていては、疲れた彼をさらに疲れさせてしまうだけでしょう。

寂しいときだからこそ、明るく接するよう心がてみてはいかがでしょうか。

「今度○○行きたいな、会えるの楽しみにしてるね」や「無理しないでね」など優しく前向きな言葉をかけると喜んでくれるはず。

時間ができたタイミングでも「会いたい」と思われるような女性を目指しましょう!

気にせず自分の予定を組む

忙しい男性が言う「忙しい」は、言葉の意味のままであることがほとんど。

そんな彼にいつでも合わせられるよう、自分の予定を極力入れずにいる人はいませんか?

一見彼を思いやった行動に思えますが、実際には彼にプレッシャーをかけていることも。

時間はかぎられたものなので、彼を気にさせず好きに使いましょう。

「ほどほどに忙しい彼女には、積極的に会おうとしないと会えない」と感じる男性もいるようですよ。

予定をいちいち確認しない

彼に会いたいから予定を聞きたいけど、責めている感じにはなりたくない……と、「○日空いてるかな?忙しい?」など、遠慮がちに予定を確認したことはありませんか?

優しさがあるように思える聞き方ですが、忙しい男性からすると断るときの申し訳なさや、気を遣わせていることに対する後ろめたさを感じることもあるのだとか。

ただでさえ仕事で忙しいのに、彼女にまで負担をかけていると思うと悩みのタネが増やすばかりかもしれません。

「空いてる時間できたら教えて、私も予定入れちゃうかもしれないけど」くらい淡泊な方が、彼の重荷にならずに済みそうですね。

待つだけではもったいない!

忙しい男性と付き合うのには、それなりのがまんや気遣いが必要になることも。

ただ待っているだけでは彼にプレッシャーをかける可能性もあります。

会えない時間を有効に使えれば、さらに魅力的になり、彼とも良好な関係を築けるようになるはずですよ。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)