男性は、普段はなんとも思っていなかった相手にも、色っぽい面を見るとドキドキすることがあるようです。

そのまま恋愛対象として意識……なんてこともあるのだとか。

今回は、男性に「女友達に色気を感じた瞬間」について聞いてみました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

恋愛対象に昇格♡男性が女友達に色気を感じる瞬間はいつ?

ボディラインがわかる姿を目にしたとき

「友達何人かでスポーツをしていたとき、女友達が、結構汗だくになっていたんです。

Tシャツが肌に貼り付いて、ボディラインがくっきりした姿が目に飛び込んできた瞬間、突然その子を異性として意識してしまいました。普段男っぽい子なのでギャップもあり、余計にドキドキしたんですよね」(23歳男性/不動産)

普段は男友達のように思っていても、女性らしいボディラインを目にしたときにドキッとする男性が多いようです。

ほかにも、女性がシートベルトをしたときや水着姿のときにも同じような感覚になったという人も。

たまにはボディラインが目立つようなタイトな服を着るのもいいかもしれませんね。

咳払いを聞いたとき

「女友達が咳払いをしたとき、その声が色っぽすぎて瞬間的に女を感じてしまったことがありますね。普段は一切色っぽいなぁとか思ったことはないんですけど、それ以来女として妙に意識してしまっています。

本人は意識していないんだろうけど、色っぽい声に反応してしまうのは男の性だと思います」(25歳男性/メーカー)

咳払いやくしゃみなど、とっさのときに聞こえる声に色っぽさを感じるという男性も。

普段は聞けないような声だからこそ、ドキドキも増すのでしょう。

下品にならないよう、日ごろから意識しておくといいかもしれませんよ。

いい香りがしたとき

「女友達と一緒に電車に乗ったときに、満員電車だったので距離がすごい近くなったんです。普段から友達としてしか見ていないし、そのときも満員だなぁと思うくらいだったんですが、ふと彼女からふわっといい香りがしてきて。

多分シャンプーの香りだと思うんですが、キツすぎない甘い香りに、女を感じてしまいました。電車を降りるまでドキドキしてましたね」(24歳男性/建築)

香りは、そのときの印象をより強く残す効果があるようです。

かいだのは一瞬でも、それをきっかけにドキドキするという男性も。

ふわっと香る甘い香りが苦手な男性はほぼいないでしょう。

いつ香らせても問題ないよう、つねにいい香りをまとっているといいかもしれませんね。

ただの友達から昇格!

単なる女友達だと思っていても、ふとしたきっかけで色気を感じると、恋愛対象として意識するという男性も多いようです。

いつもとは違う姿をに見せたり、女性っぽさを意識したりするよう心がけてみましょう。

友達から昇格するためにも、できることから試してみてくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)