恋のドキドキが維持されるのは、3年が限度という話はよく聞きますね。

それ以上を過ぎると、ふたりの仲は落ち着いていくか、もしくは気持ちが冷めてしまい別れてしまうのだとか。

このときに大事になってくるのは、いかに相手と信頼関係を築けるかどうかになるはずです。

そこで今回は、彼氏とずっとラブラブでいる3つのコツをご紹介します。

長続きさせるために♡彼氏とずっとラブラブでいる3つのコツ

価値観を共有する

自分の大切にしている価値観を相手と共有することは、長続きさせるための効果的な方法です。

たとえば仕事に対する情熱や、自分なりの価値観などをお互いに共有することで、「ふたりで協力し合っていく」という意識が高まるはず。

ほかには、自分の大事な家族や友達を紹介するのも有効的なようですよ。

交際をしている最中に顔を合わせることで、相手との付き合いに責任が生まれやすくなるもの。

ただし、早い段階だとお互いにプレッシャーになり、逆効果になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

新しいことに挑戦する

初めての体験を増やすことは、ふたりにとっていい刺激になるでしょう。

付き合いがマンネリになるのは、いつもと同じデートの繰り返しという可能性もあるからです。

ふたりで行ったことのない場所に行ったり、登山やダイビングをしてみるなど、積極的に初めての体験にトライしてみましょう。

トラブルが起きても、ふたりの絆を深めるいい機会になるはずです。

今後、彼との関係で問題が起きたとしても、一緒に挑戦した経験が壁を乗り越えることに繋がるでしょう。

秘密をカミングアウトする

付き合いが長くなると、相手に心を許せるようになるはず。

付き合い当初は相手に引かれちゃうんじゃないか……と考えて、都合の悪いことは隠す人が多いものです。

しかし、包み隠さず自分を見せることで、信頼関係が強くなることもあるでしょう。

もしかしたら相手も同じように、大なり小なり打ち明けられない秘密があるかもしれません。

お互い秘密を打ち明けることで、包み隠さず話せる唯一無二の間柄になれるでしょう。

ずっと一緒にいるために

頭で考えるよりも、肌で感じたまま行動することも大切でしょう。

頭のなかで信頼関係を築く行動を意識しながら、彼との距離を縮めていってください。

ずっとラブラブでいられることを願っています♡

(柚木深つばさ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)