男性のなかには、興味のない女性にも曖昧な態度を取り続ける人がいます。

その理由は相手に悪いからとか、キープにしたいからとか様々でしょう。

ただ、気になる男性の脈なしに気付かず、時間を無駄にするのはもったいないですよね。

そこで今回は、興味ない子だけに言う「完全脈なしセリフ」について男性に聞いてみました。

男性に聞いた…興味ない子だけに言う「完全脈なしセリフ」とは?

「忙しい」とデートを断る

「相手の好意に応えられないときは、デートに誘われても『忙しい』の一点張りで断ります。
ほかの理由を考えるのも面倒ってのもあるし、ずっと言っていれば相手がそのうち諦めるかなって思って」(27歳男性/会社経営)

デートに誘い断られるとき、何度か言われるくらいなら問題はないでしょう。

ただ誘うたびに「忙しい」と繰り返すようなら、本当はデートへ行く気がないのかもしれません。

誘われたら「無理かも」と断る

「変に期待させても失礼だと思うから、食事とかに誘われたら、そこは『無理』と伝えます。
でもハッキリ言うと言葉がキツイから、『無理かも』ってボカしてますね」(25歳男性/事務)

いくら脈なしの相手でも、「無理」ときっぱり断りきれない男性もいるようです。

そこで「かも」という不確定要素を足してしまうのです。

恋心を寄せる女性としては、「もしかしてOKなの?」と期待したくなる厄介なフレーズですね。

褒めても反応が薄い

褒めても反応が薄い

「好きな人以外に褒められても、『ふーん、それで?』みたいな気持ちになっちゃいますね。
だから脈なしの子に褒めれたときは『そうかな?』『そんなことないよ』って否定してます。

だってきっと社交辞令だし、真に受けないほうがいいでしょ?
まあ好きな子なら、それでもテンション上がるけど」(28歳男性/旅行会社総務)

好きな女性から褒められれば、社交辞令と分かっていても嬉しい男性は多いようです。

ただ脈なしの女性から褒められると、そこまでテンションは上がらないみたい。

そのため、あえて距離を取るためにも派手なリアクションを控える男性もいるようです。

次の恋へ行くのもアリかも…

気になる男性は、今回ご紹介したような言動をとっていませんか?

もしとっていれば、身を引くか、もうひと押しするか決断が必要です。

早めに見極めて、自分にとってベストな恋を探してくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)