男性から好かれる女性は、共通して話しやすい雰囲気であることが多いです。

とはいえ、話しやすい雰囲気はどうやって作り出すものなのでしょうか。

今回は、話やすい雰囲気の作り方をご紹介します。

モテる女性の共通点♡話しやすい雰囲気を作るには…

表情を豊かに

話を真剣に聞いていても、反応が薄いと「つまらないのかな」と不安にさせることも。

面白いときは笑ったり、悩み相談では共感したり、驚いたり怒ったり……リアクションや表情を豊かにするだけでも、話してからの印象が大きく変わるようです。

話を聞いているだけのときも、ほほ笑むことを意識するといいかもしれません。

「自分を受けい入れてくれる」と思うと、自然にいろいろな話をしたくなるという男性も。

リアクションの仕方や表情まで意識できるといいですね。

適切な相づちを

会話中の相づちは、話やすいかどうかに大きくかかわってくるようです。

自分の話を聞いて相手がどう思うのかを気にしてる人が多いので、「わかる!」や「だよね」などと言ってもらえると安心感をいだくのだとか。

さらに上級者は、深掘りする質問もしてみましょう。

「え、それってこういうこと?」や「それでどうなったの?」などと聞くと、自分に興味を持ってくれているのが伝わることも。

自然に「もっと話したい」と思わせることで、男性の心をつかめるはずですよ。

知識のため情報収集しておく

せっかく会話をしていても、「なにそれ?」や「知らない」などわからないことが多いと会話が盛り上がりにくくなります。

知ったかぶりをしてもバレる可能性があるので、知らないことは「知らない」と言うのがいいでしょう。

日ごろからあらゆる分野の情報収集をしておくと、いざというときにも会話に困らなくなることも。

どうしてもわからないような専門分野の話をされたときは、答えやすい質問をしながら教えてもらうのもいいかもしれません。

声の大きさは控えめに

リアクションするときに、「すごーい!」や「かわいい!」など、無意識に大きな声を出してしまっている人もいるはず。

自分では自覚がないからこそ、気付けなければずっとそのまま……なんてことも。

なるべく静かに落ち着いた会話を楽しみたい男性からすると、いちいち大きめな声でリアクションされることを快く思いにくいのだとか。

上品さを意識してみると、話しやすいと思ってもらえるかもしれませんよ。

話しやすさは作れる!

話しやすい雰囲気は、視覚からとらえられる表情あってこそのものです。

そこからリアクション、会話内容、質問などの工夫や意識が効いてくることも。

まずは笑顔で話を聞くこと、表情豊かでいることから始めてみてはいかがでしょうか。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)