仕事が忙しいと、どうしてもデートの頻度は減ってしまうもの。

なかなか会えないと、不安要素も増えるかもしれません。

忙しい中でも、さまざまな工夫をしているカップルがいるようです。

今回は、実際にどんな工夫をしているのか、聞いてみました!

遠距離や、仕事でなかなか会えないカップルは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ピンチはチャンス?】忙しいカップルの付き合い方4選

次の予定について話す

「会えない時期に『会えないこと』について話し合っていても、どんどんネガティブな感じになっていくと思いました。

だから、『会えたらこんなことしようか』とか『休みが取れたら旅行に行こうね』って、会えたときのことを話し合うようにしていました」(29歳男性/会社員)

会えないときは、お互いにストレスが溜まりがち。

忙しい現状に文句を言っても、なにも始まりません。

そんなときは、お互いに次に会ったときの話や、今後やりたいことを話すといいでしょう。

この時期を乗り切ったら、恋人とデートができると思えば、やる気が湧いてくるかも。

会える時間を大事にする

「仕事が忙しくてなかなか会えない時期が2~3ヶ月くらいありました。やっぱり寂しかったです。

だから、久々に会えたときはスマホなんかいじらないですよ、お互いに。スマホをいじるなんてもったいない」(28歳男性/会社員)

久しぶりのデートだからこそ、その時間を大事にしたいと思うようです。

重要なのは、無理にルール化しないこと。

ルールを設けると、束縛されているように感じる人もいるんだとか。

一緒にいる時間を大事にしようとする姿勢が大事なのかもしれません。

アプリで予定を共有する

「付き合いが長くなってくると、『来週空いてる?』とか、『来月はいつが暇?』とか、そういうやり取りが徐々にめんどくさくなってくるんです。

だから、アプリで彼女とカレンダーを共有して、お互いに予定が会う日をひと目でわかるようにしました」(27歳男性/会社員)

デートの誘いを連続で断られてしまうと、誘いづらくなる……。

これはカップルであっても当てはまるようです。

忙しいことは分かっていても、断られること自体がストレスになることも。

日程調整や時間調整でイライラしてしまうのは勿体ないですよね。

そのイライラを感じなくてすむように、お互いにカレンダーを共有するのもいいかもしれませんね。

電話をする

「会えないときって、LINEでやり取りするか、通話するしかコミュニケーションを取る手段がないですよね。

だから、電話するときはお互いに、一番やさしい声でやり取りしようねって約束したことがあります。回数を追うごとに幸せになりました」(29歳女性/会社員)

会えない時間に、どうやってお互いの寂しさを解消するかも大切なポイント。

LINEの文面よりも、実際に声を聞くと相手の様子が窺えて、距離が縮まるみたい。

電話しているときは、相手に寄り添うように会話をしてみてください。

最初は恥ずかしくて上手くいかないかもしれません。

しかし、継続していくうちに慣れてきて、自然とできるようになるはず!

前向きに考えるために…

お仕事の関係で、会えない時期が続いてしまうことは、誰にでもあるでしょう。

しかし、そのことで喧嘩をするのは、勿体ない。

できれば、お互いに前向きになって、乗り切れる工夫をしたいもの。

今回ご紹介した工夫を、ぜひ取り入れてみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)