「昨日はなにをしていたの?」なんて、休みの日の行動を男性に聞かれたことはありませんか?

一体どういう気持ちで聞いているのか、なんとなく気になりますよね。

そこで今回は、「休日の様子」を聞いてくる男性心理をご紹介します。

あなたが好きだから?「休日の様子」を聞いてくる男性心理は…

会話のきっかけを作るため

「好きな子とは、なんとかして会話のきっかけをつかみたいです。休日にどこに行っていたのかなどを聞けば、そこから話が盛り上がりやすいと思うので……」(32歳男性/営業)

「昨日はなにをしてたの?」と聞くのは、休日明けの会話のネタとしては最適です。

あなたとの会話を広げていくため、きっかけとして質問しているのでしょう。

男性のほうから積極的に話しかけてきてくれるのなら、あなたとの距離を少しでも縮めたい思っているはずですよ。

好きだから気になる

「好きだからこそ、どんな休日を過ごしていたのかが知りたくなるんですよね。なんとも思っていない女性には、とくにそんな気持ちは湧き起こりません」(26歳男性/アパレル)

好きな女性のことは、とにかくなんでも知りたいもの。

会えていなかった休日になにをしていたのかは、気になってしかたがないことでしょう。

あなたの休日の様子について細かく聞いてくるのであれば、それだけあなたへの気持ちも強いということですよ。

リサーチしている

「好きだし休日にどういうことをしているのかは、リサーチしておきたい。もしかしたら共通の趣味とかがあるかもしれないし……」(29歳男性/WEBデザイナー)

好きな女性の休日の行動をそれとなくリサーチするのは、男性にとってはとても大事なことです。

どんな遊びをしたのか、どういった場所に行ったのか、なにを食べたのか……。

これらを探って、デートに誘う際の参考にしたいのでしょう。

やりたいことや行きたい場所を一緒に教えてあげるようにすると、男性は一気にデートに誘いやすくなりますよ。

彼氏がいないか確かめている

「休みの日に誰と遊んでいるのかは、探りたくなってしまう。彼氏がいるのか気になってしかたがないですからね」(31歳男性/エンジニア)

この意見はよく聞きました。

好きな女性に対しては、「もしかしたらほかの男と遊んでいたのかも」という気持ちが芽生えるので、不安になるようです。

「誰がいたの?」とか「女の子だけだったの?」などと聞いてくる場合には、男の影がないかどうかを探りたくてしかたがないのでしょう。

もしかしたら脈あり?

休日の行動を細かく聞いてくる男性は、あなたに好意を抱いている可能性が高いでしょう。

会話を盛り上げてうまくデートにつながるような流れを作れるとベストですよ。

きっと脈ありですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)