社長の恋愛

高学歴、大企業勤め、経営者、高収入……などの条件を兼ね備えたいわゆる「ハイスぺ男性」。

婚活市場では人気が高く、それゆえ女性を見極めるため厳しくチェックしていることも。

今回は、ハイスぺ男性が「恋愛対象外」だと感じる女性の特徴をご紹介します。

即なし判定!ハイスぺ男性が「恋愛対象外」だと感じる女性の特徴

待ち合わせに遅刻する

ハイスぺ男性は、仕事ができる人が多いです。

仕事で求められるのは知識や経験、スキルだけでなく、まずは「人として当たり前のこと」なんだとか。

そのため、デートで遅刻してくる女性には嫌気がさすという男性も。

時間を守ることは当然であり、他人の時間を奪うことの罪深さを誰よりも知っているのでしょう。

準備にバタつかないように、余裕をもって待ち合わせまで向かえるといいいですね。

自慢話ばかり

ハイスペック男性と一緒にいると、「自分のスペックを少しでも高めなきゃ!」と思う女性もいるかもしれません。

つい自分をよく見せようと、自慢話が多くなることも……。

誰のものであっても、自慢話は聞いていて気持ちのいいものではないはず。

また、ハイスぺ男性は控えめで、自分を立ててくれるような女性に好感を抱く傾向があります。

自分をよく見せるためには、言葉ではなく態度で示すようにしましょう。

将来のビジョンが明確すぎる

将来のビジョンが明確すぎる

ハイスぺ男性のなかには、ある程度自立した女性をパートナーに選びたいと考えている人も。

とはいっても、将来のビジョンが明確な女性だと、「自分が介入できる余地がなさそう」と思うこともあるのだとか。

細かいこだわりを見せすぎず、バランスをとりながら柔軟に対応してくれる人を求めるようです。

金銭感覚が合わない

相手がハイスぺでなくとも気になるのが、金銭感覚の違いなのではないでしょうか。

とくにハイスぺ男性は、お金目当てで近寄ってくる女性には神経質になりやすいようです。

お金に執着していたり、散財癖があったり、逆に倹約しすぎていたり……自分とあまりにもお金の使い方が合わないと思うと、恋愛対象外だと判断することも。

常識の範囲内での金銭感覚を身に着けられるといいでしょう。

やりすぎには注意!

相手がハイスペ男性だからといって、無理に自分を繕う必要はなさそうです。

むしろ、度が過ぎたアピールは敬遠されることも。

ほどよい塩梅を意識し、距離を縮めていけるといいですね。

(阿久津沙良/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)