大好きだった男性と、晴れて恋人同士になれたら長くラブラブでいたいもの。

彼氏との愛を深めるためには、あえて「頑張りすぎない」ということを意識するのが長続きの秘密なのです。

そこで婚かいは、長続きカップルが気を付けている3つのことをご紹介します。

あえて「しない」?長続きカップルが気を付けている3つのこと

予定を詰め込みすぎない

大好きな彼とのデートでは、スケジュールを細かく組みすぎないほうがいいです。

予定をぎっしり詰めこんで完璧なデートスケジュールを組んでしまうと、お互いのペースよりも、そのプランを守ることが中心になってしまってお互いが疲れてしまうのです。

気分や体調によっても変化しますし、興味があるかどうかでかなり左右されるものなので頑張りすぎなくてOK。

ぶらぶらと散歩したり、行き慣れたカフェでまったりしたりするだけでも、十分楽しい時間になります。

あえてデートの予定を組まずに、「ふたりの時間」そのものを楽しむことを心がけましょう。

長時間をしない

男性のなかには、電話で長く話すのが苦手という人もいます。

毎晩の電話を義務のようにしたり、長時間電話の内容がほとんど「愚痴」だったりする場合は要注意。

「あなたとの電話=嫌なもの」という印象になってしまいます。

電話するときは、あくまでも「声を聞きたくなった」という希望が満たされる程度がいいでしょう。

「1日1回」「1回の通話時間を30分以内に」など、お互いに無理のない範囲を決めておいてください。

電話がふたりにとって心地いいツールになるよう、会えないときこそ意識してみましょう。

会いすぎない

好きな人とはたくさん会いたくなるものですが、頻繁に合っているのなら要注意です。

長く付き合っていると、疲れている日やひとりになりたい日も必ずやってくるもの。

会えない時間こそ、愛を育むのに大切です。

お互いひとりの時間や友達との遊びも楽しみましょう。

そして会ったときは全力で愛を伝え合うのがいいですよ。

ずっと幸せでいるために

長続きさせるために、あえてしないほうがいいこともたくさんあります。

頑張れるあなただからこそ、今度は「頑張らない」ことを頑張ってみてください。

ふたりが末永く幸せでいられますように……。

(矢島 みさえ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)