年下の男性に魅力を感じても、自分からアプローチするのは抵抗がある……という人もいるはず。

そんなときは諦めるのではなく、アプローチを誘導してみるといいかもしれません。

今回は、年下の男性にアプローチ「させる」テクニックをご紹介します。

勇気が出ないなら!年下の男性にアプローチ「させる」テクニックとは?

気持ちに寄り添う

「なにも言ってないのに気持ちをわかってくれたときに、『大人だな~』と思ってキュンとしました。そこから親しみやすさを感じましたね」(26歳男性/教育)

年上の女性に対しては、憧れや理想を抱いている男性が多いようです。

そんな彼らの期待を裏切ることなく、彼らの気持ちを察してあげると、魅力を感じさせられるのだとか。

悩んだり落ち込んだりしているときには、直接話を聞かずとも、気持ちに寄り添ってあげるといいかもしれません。

まずは仲良くなるきっかけを作れるといいですね。

フランクに接する

「フランクに話してくれると、自分を受け入れてくれている感じがしてうれしくなります。自分からも話しかけにいっちゃいます」(27歳男性/商社)

年齢差を気にして、つい気張ってしまう人が多いのではないでしょうか。

とくに自分が年下の場合は、つねに気を遣って接することも。

だからこそ、年上の方からフランクに接することがポイントです。

「話しやすい」と思ってもらえると、少しずつ距離が縮まるはずですよ。

適度に頼る

「年上女性に頼られると、自分が認められた感じがして照れますね。もっと頑張ろうと思えます」(24歳男性/飲食)

男性は、女性から頼られると自信を持てるようになることも。

とくに年上の女性から頼られると、男としても人としても認められたような気になるのだとか。

「自分が年上だからしっかりしなきゃ!」と思っているだけでは、彼との距離は縮まらないでしょう。

ときには頼ってあげると、喜んでくれるかもしれませんよ。

まずは年齢の壁を取っ払う!

年下の男性にアプローチしてもらうには、まずは上下関係を意識させすぎないことを心がけましょう。

年齢を気にすると、どうしてもそれ以上踏み込めなくなることも。

親しみのある雰囲気を演出できるといいですね。

(ジーノ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)