付き合う前のデートでは、次につながるかどうかを気にする人もいるでしょう。

うまくいかなかったときには、なにが原因かわからないと改善のしようがありませんよね。

今回は、男性に「デートでガッカリしたこと」を聞いてみました。

デートがうまくいかない原因はささいなことかも?

ぜひチェックしてみてくださいね。

やりがち注意!男性が付き合う前のデートでガッカリすることは?

歩きにくい靴を履く

「デートの初めはニコニコしていたのに、どんどん無口になって会話がはずまなくなったんです。僕がなにかしたのかな?と思っていたら、履いてきた靴のせいで足が痛くて無口になっていたみたいで。

カフェで休憩したけど、理由がわかるまでは『脈なしか。もう解散しようかな』と思ったのも事実ですね。無理せず歩ける靴で来てほしいな」(26歳男性/公務員)

気合いを入れたデートでは、つい靴擦れしやすい靴を履いていってしまうこともあるはず。

可能であれば履きなれた靴でいくのがベストでしょう。

男性のなかには、靴擦れを察せない人も。

どうしても足が痛い場合は、きちんと謝罪し、少し休憩をはさんでもらいましょう。

応急処置の絆創膏や薬などを持ち歩いておくのもいいかもしれませんね。

突然の「帰る」

「昼から会ってて、『夜はなに食べようか?』と聞いたら『あ、私帰ります』って言われてショックでしたね。

つまんなかったとかではなく、最初から夜は友達と会う予定だったらしいんですけど、だったらそう言ってくれればほかの日にしたのに。

後日『また誘ってほしい』みたいなことを言われたけど、暇つぶしに使われているみたいでいやだから、もう誘わないですね」(28歳男性/広告)

お互いの認識の違いで、ガッカリさせてしまうこともあるようです。

デートでは待ち合わせの時間を決めても、解散時間を決めることはなかなかないでしょう。

そのため、そのあとに予定を入れられているとショックだという男性も。

あらかじめ「今日は20時には解散したいんですけど大丈夫ですか」と言っておいたり、なにも予定がない日を選んだりしましょう。

その後のデートプランを考えていたのに失敗した……という男性もいるようですよ。

ハンカチを持っていない

「ハンカチ持ってない女子ってたまにいるじゃないですか。トイレから出てくると必ず髪を触ってるし、そのあと手をつなぐとなんか湿ってる感じ……。

一度僕がハンカチを忘れて、『貸してもらっていいかな』と聞いたら『ごめん、ない』と言われて。多分今までも持ってきてなかっただろうし、不潔だなと思いました」(22歳男性/大学生)

ハンカチを持ち歩かない女性にガッカリする男性が多いようです。

とくにこのご時世だと、ハンカチがないと手を乾かすこともできないはず。

手を洗ったあとに髪の毛をなじませて終わり!では、不潔な印象を与えることも。

最低限必要な持ち物は忘れないようにしましょう。

さりげないスマホチェック

「一緒にいるときはスマホを見ないんだけど、トイレなどで席を外した瞬間にコソコソスマホチェックする子いますよね。

あれ、結構気付いてます!なにかほかに気になる連絡を待ってて、スマホに触るスキをずっと狙ってたように見えるんですよね」(27歳男性/IT)

友達とのLINEを返したりSNSをチェックしたりしているつもりでも、男性からすると「ほかの男に連絡を取っているように見える」ことがあるようです。

一緒にいるときは気を遣ったつもりでも、離れた瞬間も見られていないとはかぎりません。

誤解させたくないのなら、デートに集中することを意識しましょう。

どうしてもスマホをチェックしたいときには、事前にことわりを入れてからにすると、やましさを軽減させられるはずですよ。

コミュニケーションを意識して

デート中のささいな行動にガッカリしている男性が多いようです。

どれも原因は、コミュニケーション不足なのではないでしょうか。

「まだ言わなくていいか」や「言わなくてもわかってくれる」なんてことはありません。

関係が浅いからこそ、きちんと伝えたほうがいい場合もありますよ。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)