好きな人ができたけど、私には興味がなさそう……。

そんなときはまず、相手に「異性として意識してもら」ことが大切です。

でも具体的には、どうしたらいいか分からない女性も多いはず。

そこで今回は、男性が「女として意識する」瞬間をご紹介します。

脈なし→彼女へ♡男性が「女として意識する」瞬間とは?

褒められたとき

「飲み会で、俺のことを『意外と世話焼きだよね』とか『やっぱり○○くんはやさしいなあ』とか褒めてくれる子がいたんです。

褒められるのは嬉しいし、そんなところも見てくれてたんだ!って思ったら、だんだんその子のことが気になりはじめましたね」(25歳男性/銀行員)

脈なしの可能性が高いときには、相手に自分を印象づけることが重要です。

そのために有効なのは「とにかく褒める」こと。

より具体的に褒めることで「俺のこと理解してくれているな」と思わせることができるうえ、鈍感な男性でも好意を感じやすくなるでしょう。

目が合って照れていたとき

「同じ子と何回も目が合ったら、ちょっと意識しちゃいますね。
そこで照れくさそうにサッと目を逸らされると『もしや脈あり?』って期待しちゃいます」(23歳男性/営業)

目が合った瞬間に、照れくさそうにサッと逸らす。

そんな様子は、相手に「もしかして俺のこと気になってる?」と思わせる効果があります。

とはいえ、あまりに凝視しすぎると「なんだか怖い」と思われかねません。

ですから、タイミングを見計らうのが大事です。

好みのタイプに寄ったとき

「ゼミの同期と飲んでたとき、好きな異性のタイプの話になったんです。
そこで俺が『ショートカットの子が好き』って話をしたら、次の飲み会のときにある子が髪をバッサリ切って参加して。
『もしかして俺のことが気になってる?』と思ったら、途端に気になる存在になりましたね」(29歳男性/教師)

脈なしの彼に意識してもらうためには、彼の好きな異性のタイプに近づけるのがオススメです。

とはいえ、完全に彼の理想像になる必要はありません。

あなたらしさを大事にしつつ、自分に似合いそうなものから少しずつ取り入れるだけでいいのです。

気になる彼の好みのタイプが分からなければ、共通の知り合いからリサーチしてみるのもアリですね。

脈なしでも諦めなくてOK

脈なしっぽいから……と恋を諦めるのは、まだ早いかもしれません。

とくに今回ご紹介した内容は、脈なしスタートでも効果的なものばかり。

少しずつ試して、気になる彼のハートをゲットしましょう♡

(恋愛メディア・愛カツ編集部)