彼がお疲れだと、「忙しいから」と疎遠になりがち。

でも忙しいときこそ会いたい彼女になれば、一層愛してもらえるはず♡

そこで今回は、お疲れ男子が「彼女にされたい」ことをご紹介します。

癒やされる~♡お疲れ男子が「彼女にされたい」ことって?

そっとスキンシップされる

女性が思っている以上に、スキンシップは多くの男性にとって癒やしに繋がります。

なかでもハグや、手を握る・そっと重ねるなどのシンプルなボディタッチは、「お疲れさま」の気持ちが伝わるスキンシップ。

心身が疲れているときは、ベタベタ触るよりもゆっくりじっくり愛情が伝わる触れ方がベターです。

沈黙を責めない

心身がお疲れモードの男性は、会話に積極的になれないこともあります。

そこでマシンガントークをしてしまうと、高確率で彼は疲れてしまうはず。

それよりも沈黙やローテンションなのを責めず、そっと側にいてくれる。

そんな彼女なら、一緒にいてホッとあたたかい気持ちになるでしょう。

もし彼が話を聞いてくれないからって、「聞いてるの?」「ちゃんと聞いてよ!」と責めるのはアウトです。

頑張りを認められたい

職場や学校では、頑張ったからと言って必ずしも評価されるとは限りません。

ですから、帰宅して大好きな彼女に「お疲れさま」「頑張ったね」と努力を認められると、たまらなく嬉しくなるはず。

たとえ成果が出なくても、「頑張った過程」を褒めることで、男性にとって最高の癒やしになるでしょう。

もし彼が「俺ってダメだな……」なんて言い出したら、すかさず褒めてあげてくださいね。

彼の話をじっくり聞く

彼と話すとき、ついついスマホを見たり、なにか他のことをしたりしながら聞く女性もいるでしょう。

ただお疲れモードの男性は、ひそかに「僕の話を、真剣に聞いてもらえていない……」とショックを受けているかもしれません。

そんなときは、彼の話だけに集中して聞くのが大事です。

自分の話を、自分を見ながらウンウンと聞いてくれる彼女を前に、彼はきっと癒やされるはずですよ♡

彼にぴったりな「癒やし」を!

疲れている男性はイライラしやすかったり、無理させてしまいそうだったりと、扱いが難しいと感じる女性も多いでしょう。

そんなときは、彼目線で行動するのがポイント。

今回ご紹介したことをはじめ、「彼がいまなにを必要としているか」を意識してみて。

そうすることで、忙しいときこそ会いたい彼女になるでしょう。

(橘 遥祐/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)