愛されたいけど愛したい……今までさまざまな恋愛を経験してきた人ほど、自分に合う恋愛の形がわからないのではないでしょうか。

考えてもわからないことは、占いに頼ってみるのもいいかもしれません。

今回は、12星座別に、「追う恋」と「追われる恋」のどちら派なのかをご紹介します。

【前編】に引き続き、後編はてんびん座からうお座の発表です。

【後編】星座で占う♡あなたにピッタリなの「追う恋」or「追われる恋」?

てんびん座(9/23~10/23)の女性

【じつは「追う恋」派】

恋愛をスマートに、自分の思い通りに進めたいのが、てんびん座の女性。

コミュニケーションスキルに長けているので、男性の気持ちをコントロールするのは得意かもしれません。

追われるように仕向けがちですが、じつは自分が仕掛け人なのです。

さりげない「追う恋」派だといえます。

さそり座(10/24~11/21)の女性

【追う派だけど、追われるほうが多い】

さそり座の女性は用心深いところがあります。

よく知らない男性に追われても、心を閉ざすだけでしょう。

片思いで好きになると、追って追って追いまくりかもしれません。

しかしなかなかそこまで思えるほどの男性は現れず、色気に引き寄せられた男性に追われることが多いでしょう。

いて座(11/22~12/21)の女性

【断然「追う恋」派】

いて座の女性は、恋のハンターなので、断然「追う恋」派です。

追われてみることもありますが、それは「押してダメなら引いてみろ」をやってみているだけで、実質的には追っているのです。

しかし、追いかけまくって手に入りそうになると、急に興味を失ってしまうこともあります。

やぎ座(12/22~1/19)の女性

【追われるほうが無駄がない】

計算高いやぎ座の女性は、追う恋よりも追われる恋のほうが、自分が優位に立てると思っているので「追われる恋」派です。

追ってくれる相手から選ぶという、無駄のなさを重視しているのでしょう。

しかし本気になったら、あらゆる手段を使って追う場合もあるようですよ。

みずがめ座(1/20~2/18)の女性

【追う方が話が早い】

みずがめ座の女性は、論理的な思考をするタイプ。

相手の気持ちがはっきりとわからないときには、自分が追うほうが話が早いと思うことも。

追いかけられたとしても、「誰?なんで?」と思うだけで、そこから進展することはなかなかなさそうです。

うお座(2/19~3/20)の女性

【追われるのが幸せ】

恋愛大好きなうお座の女性。

やっぱり女は愛されてなんぼでしょ!と思っており、追われる恋愛を好むでしょう。

追われ、求められることで色気を増し、とにかく幸せを感じるはず。

相手にも惜しみなく愛を伝えるので、すぐお付き合いすることになるタイプです。

自分にピッタリな恋を

「追うも追われるも変わらないでしょ」と思われがちですが、恋のスタートはその後の関係を左右することもあります。

今後恋愛を続けるにあたってのモチベーションにかかわるかもしれません。

自分にはどんな恋愛が合うのか、これを機に考えてみてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)