気になる人へのアプローチにLINEを使うのは、男女ともによくあることのようです。

男性はいったいどのようにアプローチしているのでしょうか。

今回は、男性がデートに誘いたいときに送るLINEをご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

さりげなくアピール♡男性がデートに誘いたいときに送るLINEは…

「休みの日なにしてんの?」

「いきなりデートに誘うのもアレなんで、まずは休日について聞きます。その反応を見て、脈ありか拒絶されているのか判断しますね」(31歳男性/メーカー)

休日の過ごし方や、いつが休みなのかを聞くことで誘いやすい雰囲気を作ろうとする男性もいるようです。

「休みいつ?」や「休みの日なにしてんの?」などと聞かれたら、脈ありの可能性があるかも。

あなたも相手に気がある場合は、「基本ゆっくり過ごすことが多いかな」など誘ってもらえやすそうな返信を心がけるといいかもしれません。

「インドア派?アウトドア派?」

「昔、夏に『一緒に海に行こうよ!』と誘ったら、『私日焼け無理なんで』と断られたことがあって。

なので最初にインドアかアウトドアか聞いて、『俺もそうなんだよ~!』と意見を合わせるようにしています」(28歳男性/不動産)

断られにくいデートの誘い方は、相手の好みに合わせることでしょう。

インドアな人に山や海を提案しても、断られる可能性が高いはず。

事前にインドア派かアウトドア派か聞いてから合わせるという男性もいるようですよ。

「最近○○に行った」

「会いたい子には『先週○○の映画観に行ったんだよね』など、まず自分が出かけた話をしてみます。そこで話に乗ってくれたら『よかったら今度一緒に行かない?』って誘いますね」(32歳男性/広告)

まずは自分の話をして、相手の反応をうかがうという男性も。

相手の食いつき方によって、デートに誘うかを決めているのだとか。

気になる男性には、「それ気になってたの!」や「私も行きたくて」など前向きな返信をするといいでしょう。

「好きな食べ物なに?」

「ベタだけど気になる子には好きな食べ物の話をしますね。それ盛り上がったら、さりげなく『今度食べに行こうよ~!』って誘います」(26歳男性/IT)

食事デートなら、気軽に誘いやすいと感じる男性が多いようです。

そのため、相手の好きな食べ物の話やお店の話をして誘おうとする人も。

「これならいけそう!」と思って初めて、自信をつけることもあるのだとか。

食べ物の話をしたときには、次につなげやすい返信を心がけましょう。

デートに誘う前に…

なにも確証や自信がない状態でデートに誘うのはとても勇気がいることでしょう。

男性も、何気ないやり取りのなかで様子をうかがっているようです。

あなたも好意がある場合は、背中を押してあげられるといいですね。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)