生まれた年の星や自然の巡りあわせから、その人の運命を占うことができる干支占い。

今回はその干支占いを用いて、男性が本命女性だけに見せる溺愛サインを占います。

彼の生まれ年の干支の欄をチェックしましょう。

干支で占う♡男性が本命だけにする「溺愛サイン」って?

子(ねずみ)年生まれ

【とにかくまめ】

子(ねずみ)年の男性は、とにかく本命にはまめまめしく行動します。

しつこいほどに優しい言葉をかけては、なにかと気にかけるでしょう。

LINEなどのメッセージも頻繁で、その溺愛っぷりには、少しうんざりしてしまうかもしれません。

丑(うし)年生まれ

【お金をかけてくれる】

マイペースな丑(うし)年の男性。

本命女性には、高級なプレゼントなどわかりやすくお金をかけてくれるのが、溺愛サインでしょう。

「かける金額に愛情が比例する」と思っているところがあり、少しドライに感じられる場合もありそうです。

寅(とら)年生まれ

【びっくりするようなプレゼント】

寅(とら)年の男性は、本命女性に対しては、いつでもドラマティック&ロマンティックな行動をしてくれます。

「記念日は超高級隠れ宿に」「誕生日に100本のバラ」というような、びっくりするようなプレゼントが、溺愛サインとなるでしょう。

卯(うさぎ)年生まれ

【身を持ち崩すほどに】

卯(うさぎ)年の男性は、愛に溺れる傾向があります。

本命女性を溺愛しがちなのです。

自分の欲望のままに、お金も時間もかけてくれるでしょう。

甘えるし甘えさせるし、尽くしまくりたいと思っているでしょう。

身を持ち崩す可能性もあるほどです。

辰(たつ)年生まれ

【無言でプレゼント】

本命女性のことがどんなに好きでも、溺愛していることを見せるような態度はカッコ悪くてできないのが、辰(たつ)年の男性。

なかなか、言葉による愛情表現をしません。

その代わり、無言でちょっとしたプレゼントを渡してくれるのが、溺愛サインでしょう。

巳(へび)年生まれ

【女性の周囲を監視】

巳(へび)年の男性は、本命の女性を束縛しがちです。

「本当にこの女性が本命なのか」と考え抜いて本命にしたのですから、ほかの男と話されたりするのをよく思わないでしょう。

変な人が寄りつかないように、いつも女性の周囲を監視しているのが溺愛サインといえます。

午(うま)年生まれ

【過激で大胆なサイン】

単純で情熱的な午(うま)年の男性は、本命女性に対して、溺愛サインを出しまくります。

まったく遠慮しないでスキンシップをすることも多いし、メッセージの内容もかなり大胆。

誰が見てもわかる溺愛のサインといえるでしょう。

未(ひつじ)年生まれ

【当たり障りのない言葉を連発】

内気な未(ひつじ)年男性は、本命女性にはさらに内気な態度になりがち。

「おつかれさま」「大丈夫?」「元気?」「なにしてるの?」など、当たり障りのない言葉を連発して、距離を縮めてくるでしょう。

彼なりの、精いっぱいの溺愛サインといえます。

申(さる)年生まれ

【本命女性を褒める】

「すごくかわいいでしょ」「めっちゃ人気があるんだよね」と、本命女性のことを褒めるのが、申(さる)年男性の溺愛サインです。

そんなステキな女性が自分の本命なんだと、周囲にアピールしているのです。

もちろん、本命女性に好かれたいのもあります。

酉(とり)年生まれ

【好き避け】

クールでドライでプライドの高い酉(とり)年男性は、溺愛サインを表に出すことは少ないでしょう。

それでも、本命女性のことは好きなので、好きなのに避けるという、とても困った行動に出がち。

なかなか本心をつかめないかも。

戌(いぬ)年生まれ

【恋愛の王道】

戌(いぬ)年男性は、世間一般の考え方に忠実なタイプ。

そして、あまりに派手なことは苦手でもあります。

記念日には特別なデート、誕生日には会ってプレゼントを渡す、クリスマスや年末年始はデート、という王道が、彼の溺愛サインとなるでしょう。

亥(いのしし)年生まれ

【わざわざ愛情表現】

好きになったら猪突猛進な亥(いのしし)年の男性。

本命女性への溺愛サインは、仕事中なのにLINEをすぐに返したり、徹夜続きなのにデートに誘うなど、忙しいのにわざわざ愛情表現をしてくることです。

溺愛したい気持ちを止められなくなるでしょう。

気になる彼の溺愛サインは?

溺愛サインを、彼が自分にしてくれたら、すごくうれしいですよね。

気づかずスルーしてしまった……なんてことがないように、しっかりチェックしておきましょう!

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)