守護霊はすべての人に宿っているといわれています。

12星座と連動する守護霊からのメッセージは、人生の道しるべになり、アドバイスにもなるものです。

この記事では12星座別に、守護霊からのメッセージをお伝えします。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)~おとめ座(8/23~9/22)をご紹介します。

【前編】星座占い・あなたの守護霊が伝えたいメッセージとは

おひつじ座(3/21~4/19)

【今の生き方や行動は正しい】

おひつじ座の守護霊は、今の生き方や行動は正しいと、全面的に肯定してくれています。

そして今後も責任感を持って自分のやるべきことを成し遂げれば、できることが増えて成長すると告げています。

自分の成長に伴い、周囲にも幸福を与えるでしょう。

おうし座(4/20~5/20)

【進む道を指し示してあげる】

おうし座の守護霊は「陰からしっかり守っていますよ」と告げています。

「必要なときにはおうし座がわかる形で進む道を指し示してあげるから、安心して思ったとおりに行動しなさい」と言っているでしょう。

自分はマイペース過ぎるのではないかという心配は無用です。

ふたご座(5/21~6/21)

【好奇心をちょっと抑えて】

ふたご座の守護霊は、好奇心旺盛過ぎるところをちょっと心配しているみたい。

危険なことが目の前に現れてきたとき、「あれっ?」と思ったら、それは守護霊からのメッセージかもしれません。

少し気をつけるだけで良い結果がやってきますから、直感を信じて。

かに座(6/22~7/22)

【幸福は身近な場所にある】

かに座の守護霊は「幸福はもっと身近な場所にある、家族が支えになってくれている」と告げています。

家族には、守護霊も含まれています。

外でなにか怖い目に遭っても、家族のもとに戻れば癒やされるでしょう。

思い切って行動することが大切です。

しし座(7/23~8/22)

【楽観視してOK】

しし座の守護霊は、最近、本心から笑えているかどうかを心配しています。

なぜならしし座は大胆に見えて、深刻に考えすぎてしまうところがあるからです。

「今心配していることは、たいしたことはないし、楽観視すればすべてうまく進むよ」と告げています。

おとめ座(8/23~9/22)

【今を見つめて】

おとめ座の守護霊は「過去や未来ではなく、今を見つめることが大事だ」と告げています。

過去や未来を考えると、おとめ座は不安で動揺してしまいがち。

「今を見つめれば心は落ち着き、自分のやるべきことに集中することができる」と言っているのです。

あなたの守護霊をチェック!

守っている人の心の奥底にある本音を知り尽くしているといわれる、守護霊。

守護霊からのメッセージを、苦しいときやつらいときに思い出してみてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

●てんびん座~うお座の守護霊が告げているメッセージとは?