誰にでもいるという、守護霊。

12星座と連動する守護霊からのメッセージは、人生の道しるべになるものです。

この記事では12星座別に、守護霊からのメッセージをお伝えします。

【前編】に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】星座占い・あなたの守護霊が伝えたいメッセージとは

てんびん座(9/23~10/23)

【パートナーが必要】

てんびん座の守護霊は、「本当に必要なのは、お互いに理解し合えるパートナーだ」と告げています。

なにごとも器用にこなすことができるてんびん座は、ひとりで大丈夫だと思っているかもしれません。

しかし、人に頼るべきときもあるでしょう。

まずは身近な人に心を開き、つながりを築いてみてください。

さそり座(10/24~11/21)

【自分に正直に】

さそり座の守護霊は、「大事なことを中途半端にするのではなく、キッパリとした決断を下すべきだ」と告げています。

愛情が深いゆえに悩みも深くなりがちであるさそり座ですが、人の好き嫌いはズバッと出してOK。

「自分に正直に」と言っているのです。

いて座(11/22~12/21)

【のびやかに過ごして】

いて座の守護霊は、「休みなく努力を重ねるのではなく、直感を大切に、目の前にあるものを味わいながらのびやかに過ごしなさい」と言っています。

勢いに任せてがんばりすぎるところがあるので、「休みなさい」というメッセージでもあるでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)

【焦ってはダメ】

やぎ座の守護霊は、「焦ってはダメだ」と告げています。

物事を先読みしがちなやぎ座。

状況が思ったよりも動かないということが多いかもしれませんが、それでも辛抱強く待ってみましょう。

「やぎ座の備えが必ず良い結果をもたらす」と言っているのです。

みずがめ座(1/20~2/18)

【好意を持つ人はたくさんいる】

「個性的」と言われがちな、みずがめ座。

特別扱いされることが多く、孤独を感じることも多いかもしれません。

みずがめ座の守護霊は、「自分が思っているよりも、みずがめ座に好意を持つ人はたくさんいるよ」と告げています。

うお座(2/19~3/20)

【優しさを忘れないで】

うお座の守護霊は、「生まれながらに持っている優しさを忘れないで」とメッセージを送っています。

仕事や勉強をたくさんしなければ!と気負いすぎると、うお座らしい優しさと柔軟な考え方が損なわれるかもしれないと心配しているのです。

守護霊からのメッセージはなんだった?

守護霊は、守っている人の本音を知り尽くしているといわれています。

守護霊からのメッセージを、とくにつらいときに思い出してみてください。

(芦田イングリット/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)