大好きな彼氏に大切に思われるのはうれしいことですよね。

しかしそれが行き過ぎると、過度な束縛につながることも。

今回は、束縛しがちな男性の特徴をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

こんな重かったっけ…?束縛しがちな男性の特徴

他人の批判ばかり

誰に対しても否定的な男性は、嫉妬心やコンプレックスが強い傾向があります。

ほかの人をほめたときに「でもあいつ○○だからさ」などマイナスな発言をする男性には注意しましょう。

嫉妬心が強いので、彼女の周りの男性にも同じような感情を抱くかもしれません。

一緒にいても不快になることが増える可能性もありますよ。

他人の目を気にしすぎる

「他人からどう見られているか」を気にするのは、自分を客観視するためにも必要なことです。

しかしそれが「よく思われなくてはいけない」という気持ちになると、執着心が強くなる傾向があります。

恋愛においても、「女性が自分に好意を抱いているか」を気にしがちなので、結果として重い言動が増えるかもしれません。

他人の目を気にしすぎる男性は、束縛する可能性が高いといえるでしょう。

被害者意識が強い

なにがあっても他人のせいにしたり、自分ばかりが被害に遭っていると思ったりする男性には要注意。

被害者意識が強いのは、自信のなさの表れであり、それが妬みにつながることも。

うまくいかないことを他人や物のせいにしたばかりでは、根本的な解決にはならないでしょう。

付き合うようになると、なんでも彼女のせいにするようになるかもしれませんよ。

すぐに疑う

「疑り深さ」はそのまま「嫉妬深さ」につながることもあるようです。

一見慎重そうに思えても、ことあるごとに「○○じゃないよね?」などと聞いてくる男性には気を付けましょう。

信頼関係を築くのも難しく、一緒にいても窮屈に感じるかもしれませんよ。

信じてもらえない悲しさや苦しさは、最初は気にならなくてもあとになって爆発することが多いようですよ。

彼はどんなタイプ?

束縛しがちな男性のなかにも、きちんと愛情深い人もいます。

しかしなかには、自分は奔放なのに彼女には厳しくなる人もいるようです。

どんなタイプの男性なのか、きちんと見極められるといいですね。

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)