彼との付き合いも長くなり、お互いの仕事も安定してきたら、結婚を考えるようになる人もいるでしょう。

とくに出産を考えているのなら、急ぎたい気持ちもあるかもしれません。

今回は、彼氏に結婚を決意させる方法をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

「大切さ」に気付いてもらう!彼氏に結婚を決意させる方法

期限を決めて伝える

ほとんどの男性が、明確な結婚する理由がないかぎり「今は結婚しなくてもいい」と考えているようです。

そのため、結婚のアピールをしておらず婚期を逃す……なんてことも。

あらかじめ「30歳までには結婚したいんだよね」などと伝えておくと、自然と結婚を意識させられるかもしれません。

それでも行動を起こさないようなら、見切りをつけるきっかけになるはず。

お互いのためにも、期限を決めて宣言しておくといいでしょう。

彼の家族と仲良くする

彼の家族と面識があるなら、仲を深めておくのも一つの手です。

恋人とは別れたらそれきりになりがちですが、家族はいつまでも家族でしょう。

家族に応援してもらったり、家族と仲良さそうにしている様子を見たりすることで、結婚を考えるという男性も。

将来のためにも、外堀を埋める気持ちでいるのもいいかもしれませんね。

距離を置く

どうしてもじゃれに結婚する気がなさそうなときは、大きな賭けに出るのもいいかもしれません。

彼を失う可能性もありますが、結婚できないならいつかはお別れする相手だともいえるでしょう。

人の気持ちを動かすには、大きな出来事が必要になることも。

自らその機会を作り出し、彼の気持ちをたしかめてみませんか。

連絡をしたり会ったりする頻度を減らすことで、彼女の存在の大きさを再認識させる必要があります。

彼が本当にあなたを思っているのなら、必死に取り戻そうとするはず。

腹をくくり、毅然とした態度で接するように意識してくださいね。

結婚を決意させるには

どんな親しい仲でも、人間関係において利害関係は発生するものです。

結婚する気のない男性には、結婚のメリットを伝える必要があります。

圧をかけすぎないように、少しずつ試してみてくださいね。

(杉子/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)