どんな人でも、長い時間一緒にいないと気付けない一面があります。

気になる人や彼氏の本当の性格を知りたいと思ったことはありませんか?

今回は、男性の干支別に、付き合ったあとに判明する「裏性格」をご紹介します。

前編に引き続き、午(うま)年から亥(いのしし)年の発表です。

【後編】干支占い!付き合ったあとに判明する「彼の裏の性格」は…

午(うま)年の男性

【太っ腹でいつも金欠】

午(うま)年の男性は、女性にごちそうするような、太っ腹なところがあります。

付き合う前だけでなく、それは付き合ったあとも続きます。

つまり、彼女でないほかの女性にもごちそうすることも。

大勢での飲み会でも「俺が払うよ!」とも言いがち。

……いつも金欠でしょう。

未(ひつじ)年の男性

【彼女に尽くし過ぎて少々重い】

未(ひつじ)年の男性は、優しい性格の持ち主です。

優しさから、初めのうちは遠慮がちなタイプに見えることも。

しかし付き合うと、それまでの遠慮が消え去り、愛情が大爆発!

全身全霊、身を捧げると言わんばかりに彼女に尽くすタイプです。

うれしい!と思う人もいるかもしれませんが、人によっては少々重たく感じてしまうかもしれませんね。

申(さる)年の男性

【駆け引き好きで気持ちを試す】

申(さる)年の男性は、恋愛の駆け引きが大好き。

本気でも遊びでもとにかく女性の気持ちを試すでしょう。

付き合う前はスリリングで、これからの2人を想像するのが楽しみだと感じると思います。

しかし、付き合ってからもこの駆け引きは続くよう。

落ち着かない恋愛になってしまうかもしれません。

酉(とり)年の男性

【全てに全力で抜け目がない】

酉(とり)年の男性は、頭がよく、完ぺき主義なタイプです。

まさに仕事ができる男という感じで、スマートな彼に惚れる女性も多いでしょう。

要領がいいのは、自分が立てた計画に沿っているからです。

恋愛においても全力で、全てキッチリ決めたいと思うことも。

デート先の変更やフラっとここに行くということは、なかなかないかもしれません。

戌(いぬ)年の男性

【心が狭く亭主関白気味】

戌(いぬ)年の男性は、意外とプライドが高い傾向があります。

悪い意味でそのギャップにびっくりしてしまうことも。

彼女に対して心が狭くなったり、亭主関白気味なところがあったり、自分の思い通りにしたいタイプかもしれません。

亥(いのしし)年の男性

【なにに対しても自分に素直】

亥(いのしし)年の男性は、とても素直な性格です。

なにも隠すことなくオープンな態度に、女性は安心感を覚えるでしょう。

しかし自分の欲望にも素直なため、目の前にごほうびがあると、ついつい飛びついてしまいます。

彼女がいてもほかの女性に夢中になる……なんてこともあるかもしれません。

裏性格を考慮に入れて

完ぺきな人はいないので、誰にでも「裏性格」があるものです。

とはいえ、すべてを受け入れる必要がないのもまた事実。

無理して合わせる必要はありません。

「どんな彼でも受け入れられる!」と思える相手こそ、運命の人なのかもしれませんね。

(星谷礼香/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)