恋愛をするうえで大切になるのがコミュニケーションでしょう。

どれだけ思っていても、気持ちを伝えられなければうまくいかないことも。

今回は、好きな人とコミュニケーションをとるときのコツをご紹介します。

人見知りな方も、ぜひチェックしてみてくださいね。

人見知りでも安心♡好きな人とコミュニケーションをとるときのコツ

「ごめん」よりも「ありがとう」

人見知りな人は、「嫌われたくない」という思いを抱いている傾向があります。

そのため、なにかあるたびにすぐに「ごめん」と言ってしまう……なんてことも。

なにかをやってもらったときも、「ありがとう」より先に「ごめん」が出てくる人もいるはず。

多くの人は、悪いことをされていないのに謝られるとかえって申し訳なくなるのだとか。

まずは「ありがとう」と伝えることを意識してみましょう。

共感する

話すのが苦手な人は、無理に話をしようとするよりも、聞き役に徹するのもいいでしょう。

聞き上手といっても、ただ黙って話を聞くだけではありません。

共感し、リアクションし、相手の話を引き出す……意外と難しいものなのです。

相手の話を最後まで聞き、共感することから始めましょう。

「そうなんだ」や「私もそう思う」「いいね」と言われると、「親近感が湧く」という男性もいるのだとか。

相手の心に寄り添うイメージで、話を聞くようにしましょう。

素直に伝える

人見知りな人は、どう伝えればいいのかを難しく考える傾向があります。

自分の感情や意見を伝えるのにも、一苦労することもあるかもしれません。

それでは思いが伝わりにくくなることも。

素直な気持ちをそのまま伝えてみてはいかがでしょうか。

「うれしい!」や「楽しい」という気持ちは、ストレートであればあるほど伝わりやすいものです。

少しずつ意識してみましょう。

ゆっくり話す

人見知りな人は、その態度や表情から近寄りがたい雰囲気を感じさせることも。

そんなときこそ、「ゆっくり話す」ことを意識してみてください。

ゆっくり話すことで、和やかな雰囲気が生まれやすく、「話しやすい」と思ってもらえるはず。

そのときに笑顔も心がけられるといいですね。

できることからやってみよう

コミュニケーションをとるのに、なにか特別なことをする必要はありません。

できることを少しずつ、毎日意識するだけでも、なにかが変わってくるでしょう。

自信をつけ、さらに素敵な女性になれるといいですね。

(白藤やよ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)