付き合いが長くなるにつれて、お互いの存在をより身近に感じるものでしょう。

しかしなかには、付き合いたてのころと態度が違いすぎてガッカリ……なんてこともあるようです。

今回は、男性に「彼女にガッカリした瞬間」を聞いてみました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

愛を感じない…男性が彼女にガッカリする瞬間はいつ?

見た目に気を遣わなくなったとき

「デートのときのファッションが、だんだん手抜きになってきた気がするんです。最近は同じワンピースばかり着ているのが気になりますね」(33歳男性/美容師)

「ふと触れたときのすね毛がチクチクしててゲンナリ……。昔はそんなことなかったのに!慣れてきてる証拠なんですかね」(29歳男性/商社)

はじめのころは彼によく見られたいと気合いを入れていても、付き合えたら安心感に変わってしまうのはよくある話なのではないでしょうか。

しかし男性によっては、見た目に気を遣わない=自分への愛を感じないと思う人もいるようです。

毎回はできなくても、たまに気合いを入れることで彼の心をときめかせられるかもしれませんよ。

マイナス発言ばかりなとき

「俺が仕事で落ち込んでいたときに、彼女が『○○くんなら大丈夫だよ!』と元気づけてくれていました。その俺にはない明るさに惹かれて付き合ったんだけれど、じつは彼女は俺以上にマイナス思考だったんです。

『どうせ私なんか好きじゃないんでしょ』とか言ってくるの、本当に面倒くさいなと思ってしまいます」(30歳男性/保険)

付き合う前は彼を思いやり、はげませていたとしても、その余裕がいつまで続くかはわかりません。

また、もともとマイナス思考な人は素の自分を見せることでそれが出てきてしまうことも。

「私のこと好きなの」や「ほかの子の方がいいんでしょ」などのマイナスな発言にうんざりするという男性も。

彼を信じ、自信をつけられるといいですね。

中身のないLINEが続いたとき

「昔は今日あった出来事なんかを送ってくれたのに、今じゃスタンプで会話を進めようとしてくるんです。

それならLINEしなきゃいいのにって思うんですけど、毎日送ってくるのが謎ですね」(29歳男性/公務員)

付き合う前や使い合いたてのころのLINEは、一文一文意識して送っていた人もいるでしょう。

しかし慣れてくると、適当な中身のないやり取りが続くことも。

とくに話すこともなくラリーを続けることに疑問を抱く男性もいるようです。

初心に帰って、ていねいなLINEを意識できるといいかもしれませんね。

後悔しないために

自分では無意識のうちにやっていることでも、彼に「もう好きじゃないかも」と思わせる可能性があります。

親しき中にも礼儀ありというように、安心感に包まれているときほどていねいに向き合うようにしましょう。

失ってその大切さに気付くのでは、もう遅いかもしれませんよ。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)