ちょっとした発言がきっかけで恋が終わってしまうことがあります。

自分にそんなつもりはなかったのに、そのようなことになると悲しいですよね。

そこで今回は、男性に冷められる「NG発言」をご紹介します。

気を付けて!男性に冷められる「NG発言」3つ

「ここ、前に連れてきてもらったことある」

男性のなかには、ひがみやすい部分をもっている人も多いようです。

そして、自分のプライドを傷つけられると、居心地の悪い環境から離れようとする傾向があります。

もし、彼とのデート先に行ったことがあったとしても、「ここ連れてきてもらったことある」発言は絶対にNG。

初めて来た気持ちで楽しむか、友達と来たことがあることにして、穏便に済ませるのが一番でしょう。

彼に気を遣うことなくデートをしたいのであれば、自分から行きたい場所を提案してみるのも一つの方法ですよ。

「あなたの友達、かっこいいね」

男性は、誰かと比べられるのを嫌がる傾向があります。

しかも、その相手が自分の友達だった場合は、余計に彼のライバル心に火をつけてしまうでしょう。

「優しい」「おもしろい」など、自分を褒めてくれるのは嬉しいですが、本心では「かっこいい」と思われたい……。

彼のプライドを傷つけてしまうような発言には注意したいものですね。

褒めるのは大好きな彼だけにしておきましょう。

「なんか気分が乗らない」

「なんか気分が乗らない」

好きな相手に「なんか気分が乗らない……」なんて言われたら、ちょっと悲しいですよね。

これは、彼の捉え方によっては、あなたへの気持ちが一気に冷めてしまうNG発言なのです。

たとえば、彼が「〇〇に行ってみない?」とレストランを提案したときに、「気分じゃない」と答えてしまう……。

「じゃあ〇〇は?」と代替案を出しても、「うーん」と悩み、最終的には「それも微妙」なんてワガママ発言。

こんな発言は呆れられてしまうので注意しましょう。

気持ちがすぐれないときは無理に会わず、別な機会にデートをずらすのが得策ですよ。

しっかり思いやりを持って

彼を誰かと比べたり、彼の気持ちを考えずに自分勝手なことを言ったり……。

彼のことが好きで、お付き合いを続けていきたいのなら、彼に対して思いやりを持ちましょう。

些細な発言が恋を突然終わらせてしまうような、悲しい事態にならないように注意してくださいね。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)