モテる女性は、甘えるのが上手い傾向があります。

とはいえ、甘え慣れていない人からすると甘えるのは難しいことのように感じるかもしれません。

今回は、そんなモテ女に「甘え上手になるためのテクニック」を聞いてみました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

甘え下手でも大丈夫♡モテ女が教える「甘え上手になるためのテクニック」3つ

相手の名前を呼ぶ

「『○○くんならお願いできるかなって…』や『ありがとう!○○くんのおかげで助かったよ』みたいに、会話のなかにあえて名前を入れるのは効果あると思いますね。

名前を呼ぶことで相手との距離も近く感じられますし」(25歳女性/SE)

まずは簡単、話しかけるときや会話の途中で「○○くん」と相手の名前を呼んでみましょう。

名前を呼ばれることで、親近感を抱きやすい人が多いようです。

なにかをしてもらったり、お願いしたりするときに使えば、頼りにしている感じが伝わることも。

お礼を言うのも忘れずにいましょう。

「一緒に…」とお願いする

「男性にお願いするときには、『○○して』ってただお願いするだけだと効果は薄いですね!

『○○してほしいんだけど、一緒にやってくれないかな?』って言えば、お願いすると同時に自分のやる気もアピールできるのでおすすめです。人任せ感がやわらいで男性もOKしやすくなるはず」(26歳女性/美容部員)

相手に甘えるといえば、なにか頼みごとをする場面を想像する人が多いのではないでしょうか。

ただ「やって」と言うだけでなく、「一緒にやる」というニュアンスを伝えるのが大切なのだとか。

協力的な姿勢を見せることで、距離が縮まるきっかけになるかもしれませんよ。

恥ずかしそうに見つめる

「相手をがっつり見つめるのはなかなか勇気がいるけど、数秒見つめて恥ずかしそうに目をそらすのなら挑戦しやすいと思います。

気になる男性相手に何度か試したけど、どの人にも効果大でした!男性にとって、女性の恥ずかしそうな様子ってかわいく感じるみたいですね」(24歳女性/商社)

相手の目をじっと見るのは苦手だという人もいるでしょう。

しかしずっと目をそらしていると、そっけない印象になることも。

数秒見つめたら、目をそらしても大丈夫です。

その恥ずかしそうに目をそらす姿にキュンとする男性が多いのだとか。

ここぞというタイミングで実践してみましょう!

上手に甘えてみよう

甘えると言っても、大胆に甘える必要はなさそうです。

さりげない仕草や言葉遣いで、男性をドキッとさせられることも。

できることから試して、甘え上手な女性を目指しましょう。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)