LINEだけで恋が終わってしまう……そんなケースもあるよう。

せっかく好きだったのに、すぐに恋が終わってしまったら悲しいですよね。

そこで今回は、男性に一発で嫌われる「超NGなLINE」をご紹介します。

送っちゃダメ!男性に一発で嫌われる「超NGなLINE」4選

長文を送りつける

LINEは「一方通行的な要素も持つコミュニケーションツール」だということを忘れない方がいいでしょう。

あまりに自分の話ばかりだと、相手は「押しつけ感満載」とストレスを感じることもあるようです。

とくに自分の考えや意見を長々と書かれると、長い返信をすべきか不安になる場合もあるでしょう。

恋に致命的なダメージを与えてしまうリスクが高まるかもしれません。

不満や愚痴を送る

喧嘩の後に、LINEメッセージで怒りや不満、愚痴などを伝えるのは避けた方が良いでしょう。

LINEは思った以上にメッセージだけだと「冷たくきつい」印象を相手に与えるようです。

一方的にぶつけられたと感じ、相手はどんどん心の距離を取るようになってしまうかも。

怒りや不満は直接会って話し合った方が良いと思いますよ。

他の男性の話をする

他の男性のことをLINEメッセージに記載することは控えましょう。

男性は本気であればあるほど、非常にやきもちを焼く場合もあるようです。

嫉妬ややきもちからどんどん不安が煽られ、非常に大きなストレスを抱えることにつながる可能性が……。

「もうその男性と付き合えば?」と思われてしまうかもしれません。

追いLINEをする

仕事などが忙しいとき、LINEの返事の頻度が落ちるのは納得でしょう。

そんなときは待つことも大事です。

逆に、彼が忙しいときにしつこくLINEするのは絶対にNG!

相手を疲れさせてしまうかもしれないので要注意です。LINEの頻度は相手に合わせてあげましょう。

恋を終わらせないために

今回お伝えしたような特徴を持つLINEメッセージは恋を終わらせてしまうリスクがあります。

しっかり相手に配慮してあげることが必要です。

恋を終わらせないように注意しましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)