仕草というものは、その人の心理や本音を表していることがあります。

心理学を応用すれば、彼の本音を見つけることができるかもしれません。

そこで今回は、男性がデート中に見せる「脈ありサイン」をご紹介します。

恋愛心理学でわかる!男性がデート中に見せる「脈ありサイン」とは?

1.手のひらを向ける

レストランやカフェなどでゆっくりしているとき、男性の手に注目してみてください。

あなたに手のひらが見えるようにテーブルに手を置いていませんか?

そういった人はリラックスしている証拠。あなたに好意を持って信頼していると思っていいでしょう。

拳を握ったり、手のひらを隠すようにテーブルに手を置いている人は、心を開いていない可能性があります。

2.腕をまくる

それほど暑いというわけでもないのに、腕まくりをする男性がいたらあなたに好意を抱いている可能性があります。

腕まくりをするときというのは、心理学的に見ると「やる気や積極性」が態度に出ているときです。

注意してもらいたいのはそのやる気が本当にあなたに向いているかどうか。

「もの」や「こと」に向いていることもあるので、「あれ?」と思ったら相手の目線を探ってみてください。

3.ネクタイを緩める

会社帰りに同僚や友人と飲みに行ったときなどによく目にするのが、ネクタイを緩める行為ではないでしょうか。

デート中にレストランや居酒屋に入ったとき、彼がネクタイを緩め始めたらリラックスして楽しみ始めた証拠。

逆にネクタイの結び目を頻繁に触ったり、結び直したり、締め直したときは何か重大な告白をしようとしている可能性があります。

気を引き締めようとしているというわけですね。

4.自分の唇を触る

彼と話しているときに、頻繁に唇を触っていたらそれは性的な刺激を求めている証拠です。

安心感を求めていたり、あなたに甘えたいという願望が隠れているのでしょう。

唇をなめている場合は心を許していることのサインだったり、信頼や愛情の表れだったり……。

逆に唇を噛んでいるという場合はストレスを抱えている証拠かもしれないので、要注意です。

仕草で脈ありがわかる!

彼が頻繁に行う仕草や癖はありましたか?

じつはそこに彼の本音が隠れているかもしれません。

心理学を応用することで、恋愛が有利に進みます。

彼からのサインを見逃さないように、デート中の彼の仕草にも注目してみてくださいね。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)