付き合ってから初めて、相手の嫌な部分を見つけてしまうこともあるでしょう。

じつは多くの人に裏の性格があるといわれています。

できれば、付き合う前に相手の裏の部分を知っておきたいですよね。

そこで男性の星座別に、気になる彼の裏性格を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23〜10/23)〜うお座(2/19〜3/20)のご紹介です!

【後編】男性の星座別!彼が持つ「裏の顔」とは… ?

てんびん座(9/23〜10/23)

【だらしなくて喜怒哀楽がはっきり】

クールで紳士なてんびん座の男性。

清潔感あふれ人前ではスマートに振る舞い、負の感情をそう見せませんが、身内には喜怒哀楽をはっきり出したり、家のなかではだらしなかったりと二面性がありそうです。

さそり座(10/24〜11/22)

【結構ネガティブ】

一見おとなしくクールなさそり座の男性。

頭がよく、恋愛をすれば一途なのですが、裏の顔は結構ネガティブ。

人前では弱みを見せませんが、些細なことであれこれ深く悩み、保身のために相手を攻撃したりと、結構ねちっこいです。

いて座(11/23〜12/21)

【マウントをとりがち】

自由人で冒険好きな、いて座の男性。

向上心が高いのは素敵なのですが、プライドも高く見栄っ張りで、自意識過剰なところがあるかもしれません。

なにかと、年収や持ちものを自慢しマウントをとりがち。

やぎ座(12/22〜1/19)

【ひとりよがりなところあり】

責任感が強く、勤勉なやぎ座の男性。

正義感が強いのですが、どこかひとりよがりで、自分の考えや価値観が世の中の常識と勘違いしているところがあるかもしれません。

自分が主導権を握っていないと気が済まない亭主関白タイプの可能性が高いです。

みずがめ座(1/20〜2/18)

【意外とかまってちゃんでヤキモチ妬き】

クールでとらえどころがない、みずがめ座の男性。

誰かの肩を持つなど、えこひいきはしない比較的ドライな性格ですが、恋愛になると嫉妬深くなりそう。

うお座(2/19〜3/20)

【計算高い策士】

受け身で甘えん坊のうお座の男性。

ムードメーカーで、とても優しい心の持ち主ですが、じつは計算高い人。

責任感があまり強くなく、面倒なことは自分でやりたくないので、人に上手にやってもらうように仕向けたりと、結構策士です。

裏の顔にも目を向けて

多くの人に裏の顔が存在します。

とはいえ、裏の顔まで愛せるのが真のパートナーといえるかもしれません。

この機会に、男性の裏の顔にも目を向けてみてくださいね♡

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)

【前編】おひつじ座~おとめ座の彼が持つ「裏の顔」とは… ?