彼氏が頑張っているとき、なんて声をかければいいのかわからない……とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

支えになりたいけど重荷にはなりたくないと思うと、難しいですよね。

今回は、男性に「彼女に言われてうれしかった一言」を聞いてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

多忙&お疲れ男性に聞いた!彼女に言われてうれしかった一言は?

「美味しいもの食べよ?」

「仕事で大きなミスをして落ち込んでたとき、彼女がうちにきてご飯を作ってくれました。

暗い僕を見てもなにも聞かず、料理をたくさんテーブルに並べてくれて、『美味しいもの食べよ?そしたら元気になるよ』って言ってくれて。涙が出そうでした」(29歳男性/建築)

疲れた身体と心には、愛情こもった手料理がうれしいのだとか。

悩みに関してはなにも聞かず、ただ美味しいものを食べてほしいと思う気持ちが大切なのかもしれませんね。

彼の好きなものを作ってあげるのも、喜んでくれそうです。

「なにやってんの!」

「社内コンペに落選したんです。すっごく自信あったから、落ち込みも半端なくて。コンペのために夜遅くまで連日頑張ってたから、身も心も疲れ果ててしまいました。

そしたら彼女がものすごく怖い顔で『なにやってんのー!私の惚れた男はそんなことで終わる男じゃないでしょ!』って。

俺のことを信じてくれているからこその厳しい言葉にハッとして、頑張ろうって思えましたね」(30歳男性/メーカー)

彼を思い、信じているからこその厳しい言葉をうれしいと感じる男性もいるようです。

愛ある厳しい言葉は、自然と受け入れられるのだとか。

お尻を叩いてあげられるのは彼女だけかもしれませんね。

「よしよし」

「上司と衝突したときに、彼女に愚痴を聞いてもらってたんです。そしたらいきなり彼女が僕をギュッと抱きしめて、『よしよし』って頭を撫でてくれて……。

おかげで冷静になれて、自分の悪かったところも客観視できました」(30歳男性/広告)

男性でも、温かい優しさに包まれたいと思うことがあるようです。

とくに外ではかっこつけて、誰にも甘えられない人ならなおさらでしょう。

落ち込んだときは彼女に甘やかされたいのかもしれませんね。

思いやりを忘れずに

どんな言葉でも、彼を思いやった愛ある言葉なら、まっすぐ彼に伝わるはずです。

口先だけの優しさにならないよう、気を付けましょう。

彼の癒やしの存在になれれば、ますます手放せない彼女になれるかもしれませんよ。

(恋愛メディア・愛カツ編集部)